« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023年5月18日 (木)

【速報】裁判所がJARLに対し令和4年度の会計帳簿を直ちに開示するよう命令 by 7K1BIB 山内さん

7K1BIB 山内さん(関東地方本部区域社員 本業は弁護士)による。

【速報】裁判所がJARLに対し令和4年度の会計帳簿を直ちに開示するよう命令

https://7k1bib.wordpress.com/2023/05/18/jarlbooks-disclosure-2023/

これで仮処分申請でJARL敗訴は令和元年度、2年度、3年度、4年度の会計帳簿開示ですから4回目ですね。

「過去7年(平成28年度から令和4年度)分の開示を求める件」についてはJARLは
「理事会に諮らず会長独断で非開示を求めて」控訴しています。

令和4年度の会計帳簿開示は6月25日の社員総会の議案で在る「令和4年度決算」に関して重要なものです。
東京地裁は今日の時点で開示を認めたと言うことは、準備書面提出期限は今回は6月16日18時であることを
踏まえれば、ありがたいことです。

そもそも、会計帳簿や領収書に何も問題が無いなら堂々と開示すれば良いのです。
開示を拒んだと言うことは、「知られたくない何か(=一般論で不正)が在る」ということです。
何度か書いているけど、

高尾イエスマン社員(特に支部長社員)、高尾イエスマン理事・同監事、JARL直轄委員会委員の方(名指ししましょうか?)は、
(1) 「JARLの会計帳簿で、特に飲食費や交際費類に関して御自身が個人事業主や会社経営として経費で通せるもの」
(2) 「国税査察官による査察、所轄税務署による税務調査が行われたときに、査察官や調査官が引き下がる説明(=無罪 無問題)」
(3) 「過去3回の仮処分申請で債権者になった社員、今回の本訴で原告団になっている社員が納得する非開示の理由」
(4) 「7年分の開示に関して控訴審を審理する裁判官が原告全面敗訴(JARL全面勝訴)の判決を下す説明」
を「それぞれの役職での公式発言として」していただきたいです。

2023年5月 3日 (水)

JARL版 体験運用マニュアルは欠陥品です。

JARL版体験運用マニュアルが2023年5月2日に公開された。

なぜ、これを関連告示公示施行の翌日または当日午後に公開出来なかったのか? という疑問が在る。
1 「JARLが予てから要望していた」ならば、原稿を準備しておき、
  改正規則と告示の公示と施行が決まったら、施行日の午後には公開出来るはずです。
2 内容が非常に御粗末です。
  既に体験運用を実施したクラブが作ったもの(7CALL AMC、八王子市AMCなど)と比較して稚拙です。
  致命的なのは「アマチュア無線の普及とJARL会員増」が主目的で在るような記述で、
  改正された体験運用に関する告示等に反している記述が視られます。
  
  端的に言えば、JARL版は「アマチュア無線を楽しんで頂く」に主眼を置きすぎです。
  他の団体のものは「電波の不思議、電波でこんなに生活が便利に」が最初です。
  総務省は「体験運用を通じて科学技術や無線通信技術に対する理解と関心を深める」ことを期待していますし、
  体験運用方法の告示にもそういう条項が含まれています。
3 意見を取り入れて改版していくとのことなので、それに期待するかな。
  私は改版意見を出すかどうかは検討中です。
  私の意見、私と同じ考え方の方の意見を受け入れてくれるかなぁ(意味深長)がありますのでね。
JARL版 体験運用マニュアルはこちら。

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »