« 2021年9月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

JARL版「アマチュア無線の社会貢献ガイドライン」

昨日、やっと出たJARLの「社会貢献ガイドライン」
最初は誤記だらけでしたが、公開数時間後にしれっと誤記訂正している。
(物証在ります)

非常に不満があります。
総務省がガイドラインを出したけど、それより前か同時に出すべきモノだからです。
何度も書いているけど、総務省板もJARL版も
「かつてのJARL監査指導規定(平成一桁台)では禁止行為になって居たものの一部が
OKになっている。時代の流れに合わせた見直しを含めても、「これはダメでしょ」が
随所にある。」のですが、
「認めることに関してITU-RRの定義に照らして納得行く説明が無い」
ので、個人的には認めない部分があります。

それはさておいて、
この程度の内容なら、総務省のガイドライン公表と同時またはそれより早くに公表できたはずです。

参考

https://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/2-9_Kouken/shakai_kouken.html

2021年11月29日 (月)

半導体不足と家電機器

半導体不足の影響ってすごい。
家電の留守電FAXを新調しようと
(今使っているのは NEC SPEAX45CLで、
2000年秋に完成した今の我が家に入居してからのもの)、
パナソニックの「おたっくす」の中から目星をつけた機種が、
池袋のビックカメラで「予約は受けるけど納期不明」だった。
FAXと留守電無しの機種でも
「今日注文しても納期は2022年2月~3月」がザラです。
池袋ではヤマダ電機でもおなじような状況です。

他の家電機器も機種に拠っては入荷時期不明が多いです。
半導体開発に関しては業界人(設計開発職)なので、
製造工場のテンヤワンヤは判っているけど、影響はすさまじいですね。
家電にも影響は大きいです。

2021年11月26日 (金)

IARU Reg3からの宿題への理事会決議には失望です。締め切りまで挽回してほしい。

JARL理事会報告最新号。
11月20日、21日の理事会でIARU Reg3からの宿題が取り上げられたが、
理事会決議は失望以外の言葉が在りません。

IARU Reg3から求められているのは
「日本同士の7MHzのFT8は現在は7,041だが、7,030~7,040にQSYできるか否か回答せよ」
ですが、この決議はIARU Reg3が求める答えではありません。
とはいえ、提出期限まで1カ月有ります。
7MHz愛好家から幅広く意見を公募してほしい。
現理事の中でFT8に熱心なのはJA8DKJ 三井理事です。
JA8DKJさんが音頭を取って意見を集めて集計してほしいです。

20211126_jarl_ft8
意見提出に在っては、2021年11月13日にバーチャルハムフェス実行委員会が提唱して実施した
FT8の実験に関して、
(1) 当初の7,031kHzを「CWのメインストリートだろ」等と批判した方
(2) (1)を受けて7,151kHzに変更したら「SSBのメインストリートだろ」と批判した方
どちらかに当てはまる方は、
「7MHz帯のFT8愛好家、CW愛好家、SSB愛好家、RTTY愛好家の誰もが反論の余地が無いQSY先の提案」

をしてほしいです。
但し、
「7MHz帯が7,000~7,100kHzだった時代の技適機を使っていて、7MHz拡張対応改造をしていない方」
への配慮をすることを絶対条件とします。
理由は「技適機をバンド外送信可能改造することは不法行為だ」と言う方が居るからです。
たとえば とある機種は拡張改造をすると6,900~7,300kHzで送信可能になりますが、それを否とする方が居ます。
(物証が在りますが特定の条件に当てはまる方以外には非公開とします。)


理事会記録は、

「IARU Reg3が言う通り、7MHz帯のFT8での日本同士の交信は、7,041kHzから7,031kHzか7,037kHz
へのQSYをするように周知広報する」

という読み方もできると思います。

この場合は、RTTY愛好家やCW愛好家で7,030~7,040kHzを使う方はどう思うでしょうか。
この件も含めて、「JARLとしてのIARU Reg.3への回答」が必要だと思います。

2021年11月20日 (土)

開局40周年目

11月20日は、私にとっては「JO1EUJの免許の日の応答日」です。
そして今日 2021年11月20日は8回目の再免許の日(つまりは40周年)です。

今後もよろしくおねがいいたします。

« 2021年9月 | トップページ | 2021年12月 »