« 今年のハムフェア ブース配置の考察 | トップページ | 豪雨お見舞いと非常通信への配慮を »

2021年5月18日 (火)

何時決まる 公表する アマチュア無線の社会貢献ガイドライン

JARLは、何時になったら
「アマチュア無線を社会貢献活動で使用する際のガイドライン」
を策定するのだろうか。

ガイドライン策定は、改正原案通りに関連法令を改正する条件で総務省との約束だよね。
決めていただかないと、全国各支部の監査指導委員が困るんですよ。
なにせ、30年ほど前の監査指導規定で明文化されていた
「アマチュア業務外の通信の例示」の一部が許容されるわけですから、
きちんとガイドラインとして、
「ここまではアマチュア業務、これ以外はアマチュア業務では無い」
を示していただかないと、監査指導業務上困るのです。

当然、このガイドラインは、各地の電波適正利用推進員も相談助言の際の参考資料にします。
電波適正利用推進員には、

(1) 各支部の監査指導委員など役員もしている方、
(2) 支部役員ではないけどアクティブに運用している方。
(3) 支部役員では無いけど各地方本部区域の社員の方。
(4) アマチュア無線をしていないが、無線関連業界の方。

が居ます。JARLが策定したガイドラインは法令告示に準じたものとして重要なのです。
(1)~(3)はJARL NEWSやJARLメルマガ、JARL WEBで通知すればいいのですが、
(4)の方には各総合通信局から推進員協議会事務局を通じて
pdf配布かJARL WEBの掲載箇所を知らせる必要があります。

目下、推進員活動や支部行事、地方本部行事は、
コロナの状況で活動自粛状態のところが殆どですが、
活動再開時には、ガイドラインが無いと困るのです。

JARLは何時になったら策定して公表するのでしょうか。

参考
2021年3月11日 アマチュア無線関連規則と告示 改正施行
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2021/03/post-ba4b28.html

本投稿は、単なるアマチュア無線家 としてのものです。
特に推進員活動は活動自粛指令が出たままですから。
自粛解除、活動再開(条件付きでも良い)指示が出るまでに制定公表していただきたいです。

« 今年のハムフェア ブース配置の考察 | トップページ | 豪雨お見舞いと非常通信への配慮を »

アマチュア無線」カテゴリの記事