« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月27日 (水)

JARL 第9回社員総会 継続会 速記録で,意図的隠蔽?

公開された速記録を精読すると、私の発言部分も誤字があるが意味は通る範囲なので未だ許せるが、
一部の社員の発言と理事車、事務局との応答の中には欠落箇所や致命的誤記が有る。

詳細は下記参照。

JARL正常化プロジェクト 2021-01-26
社員総会速記録の誤り(意図的?)
https://jarl2020.wordpress.com/2021/01/26/member-meeting-records-error/

昨年末にJARL第9回定時社員総会の速記録が公開されましたが、
下記の膨大な間違いや欠落が判明しました。
JARL事務局には至急訂正と加筆するよう指示しました。
そしてWeb-siteにその案内と全社員に対して修正した事のお知らせと
謝罪をするよう連絡をしました。

#####
挙げられている箇所を視ると、指摘の通りで、

第三者的に視て「事実を意図的に隠蔽、改竄している」と言っても良い状態です。

改竄隠蔽が事実なら、改竄隠蔽を命じた奴は事務局職員なら懲戒または諭旨解雇、
理事なら解任が一般会社での常識です。

直ちに指摘内容を訂正していただきたい。


2021年1月25日 (月)

ネット耐力

ネット耐力って何だろう。

1 各種SNSで自分が気に入らない投稿はスルーが基本です。

2 自分の投稿に自分が意図しないコメントが付いたときも
  スルーが基本です。

3 気に入らないコメントに返信するなら喧嘩腰はダメですよね。
  Facebookやインスタなど「いいね」「ひどいね」など共感感情を
  表せるときに、共感の「ひどいね」ではなく、
  「俺様の投稿に、こんなコメントをするなんて何を考えているんだ」
  という意味の「ひどいね」も「喧嘩腰」ですよね。

そういうスルー判断が適切に出来るか否かが重要だと思う。


「こいつ、気に入らないからブロック」も在るだろうけど、
Twitterで在るのが
「ログインせずにブロックしている相手の投稿を読む」
という手法です。
インスタやFcebookでも、ブロックしている相手の投稿を視る手法は有るようだけど。

なぜ、こんなことを書くかというと、
たとえば、とあるダンプ運転手のyoutube投稿に無線ネタ系が在ったのですが、
ここ数日の出来事をみて思うことです。

内容的には、「トラック運転手に無線機が必要な理由」
「トラック運転手の無線用語解説」なのですが、
「アマチュア無線機を使って不法行為(無免許開設)を推奨している」
という見方もできるからなのか、不法行為であることを指摘する攻撃的なコメントが
多く付けられたそうです。

電波法違反疑いを投稿者に指摘するのはいいのですが、
攻撃的な文言ではダメだと思います。
第三者目線では、そういう攻撃的なコメントが多いのをみると

「アマチュア無線は怖い」

という印象を持たれます。

今では このyoutube投稿は削除されています。

気に入らない投稿はスルーするのは基本だと思います。
どうしても返信したい場合は、文面を選ぶべきです。
第三者から視て「あ、これは喧嘩を売っている」という喧嘩文調ではダメなのです。
最悪なのは、無線ネタで自分の実名やコールサイン、呼出名称を秘しての罵詈雑言です。


参考
「天晴れ」と「喝」2020年12月30日 (水)
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-5e0d3b.html



2021年1月 2日 (土)

あけましておめでとうございます。

新年 あけましておめでとうございます。

新型コロナウイルスが猛威を振るっています。
目下日本では「第3波」真っ只中です。
東京都と埼玉県は政府に「緊急事態宣言を出すこと」を要望するそうです。

この先、どうなることか、想像できない部分がありますが、
なにはともあれ、2021年もよろしくおねがいいたいます。


« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »