« 技術基準不適合無線機器の流通抑止のためのガイドライン パブコメ | トップページ | 改正か改悪か アマチュア無線制度関連規則等パブコメ締め切られた。 »

2020年11月 3日 (火)

バーチャルハムフェス 2020 ありがとうございました。

2020年11月1日に開催した「バーチャルハムフェス2020」では
メインステージで「2020年電波法令規制緩和を読み解く」で
体験局部分を山内さんが8J1YAB実施者として解説し、
私が附属装置の諸元簡素化、1,910kHz帯と3,537.5kHz帯の拡大と
1,910kHz帯のJ3E等許可、一括記載コード3MAと4MA拡大に関して
時系列を追って、どこが楽になったか、どこが変わったかを解説させて
頂きました。

御視聴頂いた皆様 ありがとうございます。
ところどころ聞き苦しいところが在ったと思いますが、御容赦ください。

メインステージの各講演、各出展者とも、「熱い」ものばかりでした。
東海での実績と今回の実績を踏まえれば、
JARLがハムフェアをオンライン開催できないはずが無いと思慮します。
(ZOOMのログイン数を何人に設定するかはありますが、それは
CEATECなどのオンライン開催が参考になるはずです。)

2020年は、日本のアマチュア局にとっては大きな変化の年だと思います。
2020年11月17日まで募集中のパブリックコメントもアマチュア局の定義に
関わるものです。

「バーチャルハムフェス2020」はZOOMを使いました。
東海ハムの祭典が先にZOOMを使う先例になって頂いたことが参考になりました。
ノウハウ提供の7L1FFN 磯さん(JARL愛知県支部長)に感謝します。

長時間 ホスト役を務めた7K1BIB山内さんや費用支援したJARL正常化プロジェクト
有志各位に感謝します。

参考
バーチャルハムフェス 2020 御案内
https://jarl2020.wordpress.com/virtual-hamfes-2020/

バーチャルハムフェス 2020 ご参加 ありがとうございました。
https://jarl2020.wordpress.com/2020/11/03/virtual-hamfes-2020-thanks/


« 技術基準不適合無線機器の流通抑止のためのガイドライン パブコメ | トップページ | 改正か改悪か アマチュア無線制度関連規則等パブコメ締め切られた。 »

アマチュア無線」カテゴリの記事