« 信望がある方とは | トップページ | 技術基準不適合無線機器の流通抑止のためのガイドライン パブコメ »

2020年10月24日 (土)

JARL会長がFaceebookで自分の意に反する者をブロックし始めた模様です。


JARL会長の髙尾義則氏(コールサインを書くと個人情報保護法違反だそうだから略)は
Facebookの個人アカウントで、自分の考えに賛同しない者をことごとくブロックしている模様です。

JARL社員か否か、会員か非会員かに関わらず、JARL正常化プロジェクトに少しでも賛同している方を
ブロックしていることが判りました。
そんなので組織(JARL)の長が務まりますか。イエスマンだけを周りに侍らせて何ができますか。

これで、来年以降の「アウトドアセミナー」などにエントリーしようとしたら、
「自分に少しでも逆らう思想なら参加拒否」をするのでしょうかね。
私の場合、JO1EUJ個人を拒絶するのはいいですよ。
但し、拒絶してくるなら、次の理事候補者選挙や、私が社員に返り咲いた際の
理事候補者を理事にするかどうかの社員総会決議で髙尾氏に投票しないことになります。
もし、参加拒絶メールを送ってきたならば、それは公開します。

#####

2020年10月24日 22:15追記

JARL会長の髙尾義則氏にブロックされている方のTwitterやSNSでの情報を見ると、
「少しでも批判的な投稿をした方」は会員非会員問わずブロック。
「今年の社員総会や社員総会継続会で批判的な質問をしたり、議長解任動議に賛成に挙手した社員や
元社員」もブロックしているようです。

昨年のとある理事会(ZOOMで開催)では、反対意見を言う理事には発言権を与えなかったという
記録があります。(理事会報告には、そういう都合が悪いことは出ていない。)
ということは「反対派の意見には聞く耳を持たない」ということでしょう。

反対派の意見に耳を貸さないのは、民主主義としてどうですかね。
2年後の2022年の理事候補者選挙では、髙尾義則氏には投票してはいけません。

同様に社員選挙では、去る2020年9月5日の社員総会継続会で大量の委任状数を得ながら、
御自身の投票内容に信念が無いのか、社員同士の真摯な質問に答えない、理由を説明できない方など、
明らかに髙尾義則氏イエスマン社員は投票してはいけません。

#####

2020年10月25日 09:00追記

理事会記録も不適切ですね。元理事さんの証言です。

20201025_tsunashima
JARL自身が、理事、監事、社員、直轄委員会の議事録を完全公開するのが当然です。
もちろん、反対意見などJARLに不都合な者も含めて公開です。
会員ファーストならば、少なくとも会員専用ページで公開です。
でも、JARLの本分は「日本のアマチュア無線ファースト」ですから、
会員非会員問わず、理事会、社員総会、直轄委員会の会議での全ての発言を完全公開するべきなのです。



« 信望がある方とは | トップページ | 技術基準不適合無線機器の流通抑止のためのガイドライン パブコメ »

アマチュア無線」カテゴリの記事