« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月28日 (月)

電波法施行規則の一部を改正する省令案に関する意見募集

総務省は、電波法第102条の11(基準不適合設備に関する勧告等)の改正に伴い、
電波法施行規則の一部を改正する省令案を作成しましたので、
令和2年9月24日(木)から同年10月26日(月)までの間、以下の要領で意見を募集します。

https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban17_04000018.html

その通信が阻害されると公共の利益に著しい障害が発生する
無線局を保護するために、具体的に保護するべき無線局を列記することになります。


提出意見の骨子

原案に賛同する。

附帯意見として、
「陸上移動局および携帯局の設備として技術基準適合証明を受けていながら、
免許を受けるべき無線局の種別を十分に説明していない、
電波法第102条の14各項に違反している業者には、より厳しい措置を行うこと。」

「アマチュア無線家が該当する無線機を購入し、日本のアマチュアバンド外の送信が
不可能になる措置と再改造不可の措置を行い、TSSまたはJARDによる保証を受けて
使用することが不可能にならないようにすること。」

「総務省が単独で販売禁止命令を出せるよう、
「電波法第百二条の十一 第5項
5 総務大臣は、第二項の規定による勧告又は前項の規定による命令をしようとするときは、
経済産業大臣の同意を得なければならない。」
の削除をすること。」

を添えて提出しました。

2020年9月27日 (日)

JARL社員同士としての質問には真摯な回答をする責任が在る。

「JARL社員同士としての質問」
には
「真摯に回答する責任」があります。
(もちろん、社員以外のJARL会員、非会員からの
質問にも社員としての考えを答える責務があると思います。)

社員同士の立場では、保守派、改革派、中道派、
それぞれお互いの主張をすり合わせて、
より良い日本のアマチュア無線
よりよいJARLにするための施策
をJARL理事や執行部に提案するのが社員の責務だと思います。

今回の社員総会継続会では、過去に無かった議決結果になりました。

関東地方本部長兼理事、東海地方本部長兼理事、関西地方部長兼理事、
東海地方本部出身の全国理事、関西地方本部出身の全国理事

の5人が否認されました。

6月28日の時点での議決権行使書を見る限り、これはあり得ない議決結果です。
この結果、何が起きているかを認識する必要が在ります。
その原因を作った社員は
(1) 「自らの意思で受任者にそれを依頼したのか」
(2) 「自らの意思で、その投票をしたのか」
(3) 「この議決結果で起きている現状をどう打開するのか(たとえた自分が所属
   していない支部や地方本部で起きていることでも)」
について、
「投票理由」と「起きていることに対する打開策」
(どちらも少なくとも社員全員が納得するものであること。 
会員非会員問わず日本のアマチュア無線家全員が納得するものならばなお結構です)
を公開していただきたいと思います。

2020年9月12日 (土)

JARL 新任社員(代議員)さんへの期待 あらためて。

9月5日の継続会(JARLが一般社団法人になって初)が終結して、
私は今年の選挙では落選でしたので、任期満了でした。
入れ替わりに新たに社員になった方には、昨日あたり、JARLから
各種規定類集が送られたことと思います。(「これ、PDFでいいのでは」はありますがね)


改めてのお願いです。

1 先ずは定款、規則、議事運営規定を精読してください。
  次が会計規程、役員旅費規程です。 ざっと1~48ページまでです。

2 一般社団法人法、一般社団法人法施行規則も熟読しておいてください。
  定款等と一般社団法人法令が矛盾するときは、一般社団法人法令に従います。

3 就任1年目でいきなり議長指名は、今は無いと思いますが、議長団に指名されたら、
  私情は一切抜きで公平公正中立が要求されます。(この部分は、このブログで既報)

4 議決にあたっては、私情は一切抜きで「法令順守」と
  「日本のアマチュア無線に対して何をしたか、どうだったか」を最優先です。
  「会員に対して何をしてくれたか」が最優先ではありません。
  (この部分は、このブログで既報)

5 議事録署名人に指名されたときも同様で、
  「JARLや理事、監事にとって、記録が残ると都合が悪いもの(質疑応答の概要等)」
  が議事録に載っていない時は、「載せなければ署名拒否」をお願いいたします。

6 改正があると、差し替え分を送ってくるので、差し替えは忘れないでください。

以上、よろしくおねがいいたします。

無論、継続して任に着く社員も同じです。理事、監事も当然です。
でも、ここは、あえて、新人社員に向けます。



2020年9月 8日 (火)

JARLの今後(とりあえず2022年の社員総会終結まで)

2020年9月5日の 第9回社員総会継続会で審議した理事候補者と監事候補者に
ついては、以下の5人が否認になったのは既報の通りです。

関東地方本部区域理事候補    JH1XUP
東海地方本部区域理事候補    JA2HDE
関西地方本部区域理事候補    JR3QHQ
東海地方出身の全国選出理事候補 JG2GFX
関西地方出身の全国選出理事候補 JH3GXF

これにより、
関東地方本部長、東海地方本部長、関西地方本部長は、
JARL規則第37条に従ってJARL会長が各支部長と相談して決めることに
なりますが、その方は理事ではないので、理事会には出席できません。

この場合は何が起きるかというと、
各支部長から各地方本部長兼理事を通じて理事会に上がる要望や意見が
関東、東海、関西においては、ほぼ途絶えるのではないかという危惧があります。

この「理事では無い地方本部長」は、JARL規則第37条により、
2021年6月の定期社員総会またはそれより前の臨時社員総会で
理事にするか否かの議案が出る可能性も有ります。


組織のトップは、

1 自分のイエスマンだけを周囲に置き、
  異を唱える者を徹底排除することはやってはいけない。
  
2 自分に異を唱える者とは、理由、費用、実現性などの点でどちらの案が
  優れているかを列記し、それぞれについてお互いが十分納得行くまで
  議論をすること。

3 異を唱える者は、2の議論の結果、自分の意見が受け入れられない理由に
  納得した場合は重要な戦力になってくれることを忘れてはいけない。
  
この3点が重要です。これができない組織は破綻します。

#####
2020年9月10日 09:10 追記

JARLのあるべき姿とは? 
2020年4月9日 JI1DWB 大矢JARL理事(執筆時)のブログ
https://ji1dwb.hatenadiary.com/entry/2020/04/09/232929

 

2020年9月 7日 (月)

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 関東地方本部区域社員 退任挨拶

平成28年度から2期4年務めさせていただいた
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 関東地方本部区域社員
は、令和2年2月実施の選挙では当選できませんでした。
これにより、第9回定期社員総会継続会が終結した2020年9月5日17:57
をもって、私はJARL関東地方本部区域社員の任期が満了しました。

私の任期中、私も社員提案し、JARLが総務省に陳情した結果実現した
アマチュア無線制度改善関連では、大きな改善は無かったことを
お詫び申し上げます。
私に投票してくださった方などに感謝申し上げます。

退任にあたり、思いを書いておきます。

第9回定期社員総会継続会が終結をもって新たに社員になった方には
期待しているところが大きいです。
今回の選挙で新たに社員になる方の動向には、特に注目したいです。

経験上、
「個人としての発言(無線、SNS、日常会話を問わない)」
であっても、周囲は「JARL社員がそれを言うかぁ」があります。
(他の肩書きでも同様のことはあります。)

たとえば、開示されたJARLの領収書類について意見を述べるならば

(1) 御自身が会社員や公務員なら
 「自分の勤務先の経理が通してくれるか否か」の
  目線での判断が必要です。

(2) 御自身が個人事業主なら、顧問税理士が居る場合は。
  顧問税理士が通してくれるか否か。
  全て自力でやっている場合は、税務査察を受けた場合に
  指摘無しで済むという自信があるか否か。

の目線でチェックが必要です。

(1)(2)のどちらの観点でも「NG」と判断したなら、
社員総会の決算承認はNGとするのが常識的な判断でしょう。

各種施策についても同様です。
JARLは「日本のアマチュア無線を代表する団体」ですから、
最優先するのは「JARL会員へのサービス」ではなく

「ITU-RR および電波法令、一般社団法人法、民法等の条約や法令に抵触しない」
を絶対的最優先として「日本のアマチュア無線の為に何をするのか」です。
付随的に「IARU Reg.3を代表する組織として、IARU Reg.3やIARUに何をしたか」
が重要なのです。

いろいろな「しがらみ(人間関係等)」を抜きにして、
「「法的に正しいか」を絶対的最優先」にして、
次いで「社会通念(公序良俗)観点ではどうなのか」の判断をすることが重要です。

各位にお願いいたします。
継続で社員の任に着くか、新人として任に着くかに関わらず、
以下に留意して、2022年の選挙では、引き続きその方に社員を任せるか否かを
判断していただければ幸いです。

1 社員総会においては、準備書面や当日発言で何らかの意思表明をしているか。

2 意思表明している場合は、自分の支持者の意見を執行部や理事に伝えているか。

3 是非(基本的に、社員総会の議案審議ですが、各種事象も含む)を判断する場合は
  「「法的もしくは社会通念上有り得ない(不法行為)こと」を、
  「人間関係を優先で不法行為になる事象を是とする」」のなら、
  次期は当選させてはいけません。法関係には問題が無い事象でも、
  「人間関係を優先し、自身の支持者や自分の意見を元にした判断をしない方」
  も基本的にNGとするべきです。

  例:「自分は支部役員だから、支部長や地元の地方本部長には逆らわない」
  という趣旨の発言の有無や、実際の言動。
  但し委任状受任者であるならば、委任者の各議案、理事監事各候補者毎の認否を
  明確に確認しておき、忠実に反映していること。
  (求められれば物証として委任者の意思を提示できること)
  
4 「社員同士」、「社員 対 支部役員」、「社員 対 正員」、
  「JARL理事監事 対 正員」、「社員 対 准員」、「社員 対 非会員」
  の関係としては意見が対立していても、
  各種SNSで意見が異なる方をブロックしていないこと。

5 JARL社員総会の議場内では、「アマチュア無線の世界における公人」です。
  同様に「社員として各種クラブ行事、支部行事等に出席する場合」も
  「アマチュア無線の世界における公人」という認識を持って行動や発言をしているか
  は重要です。
  公人である以上、議場内等では、肖像権保護等は制限されます。
  「本当に出席していたのか」「どんな発言(不規則発言を含む)をしたのか」
  の観点では写真や発言内容は公開するべきものです。

6 社員総会では一般社団法人法、同施行規則等を理解した言動をしているか否か。
  特に議長、議事録署名人に指名された場合には特に重要です。
  必要に応じて指名される「議決集計時の集計立会人」も同様です。

7 議長団に指名されたことがあり、実際に議長を務めた者にあっては、
  一般社団法人法、同施行規則の法令を絶対的最優先とし、
  JARL定款、JARL規則、JARL社員総会議事運営規則に則り、
  完全に公平、公正、中立で在ったか否かが重要です。

#####

2022年の社員選挙には出馬して、返り咲きを目指します。
その際は よろしくおねがいいたします。

#####

末筆ながら9月5日の私の投票は、

通常であれば、正員各位の候補者投票の民意を反映し、全員承認を
基本としていましたが、

一般社団法人法で定めるところの理事及び監事の権限から逸脱または
責務に違反する行為または言動が有った方は否認しました。

理事の依頼による臨時理事会を欠席し、納得できる理由が無い方も、
今回は否認しました。

以上 よろしくおねがいいたします。

2020年9月 5日 (土)

JARL社員総会継続会 終わる

議長 7L1FFN
6月28日の継続会開催議決時の議長の1人のJA1HGYは発熱で欠席、
代理はJG1DKJ

主議長 JG1DKJ 副議長 7L1FFN

出席社員40 行使書 8 委任状 80 議決権総数 128
社員全員出席とみなす。

質疑を途中で打ち切ろうとしたことでJG1DKJ議長解任の緊急動議が出されたが、
解任賛成 43 反対 75(委任状込み 出席社員のみなので議決権行使書は抜き)
で否認された。

議長席の後ろに弁護士が2名座っていたが、事前に理事会での了承無し。
(弁護士の所属弁護士事務所と名前は判っていますが、ここでは割愛します)

第2号議案 票数  賛/否/保留 議決権総数 126 過半数64

A3版の用紙を縦に使い、コールサイン、氏名、賛否記入欄の表形式で
対象者全員を列記した用紙が配布(委任状受任者は委任状の数と本人分)され、
承認なら○、否認なら×、保留なら空欄とする方式です。

Call Sign  議決権行使書  会場   総計
JE1KAB  1/ 6/ 0  68/ 51/ 0  69/ 57/ 0
JG1kTC  2/ 5/ 0  75/ 44/ 0  77/ 49/ 0
JH1NLL  4/ 3/ 0  88/ 30/ 1  92/ 33/ 1
JH1XUP  3/ 4/ 0  41/ 78/ 0  44/ 82/ 0 否認
JA2HDE  6/ 1/ 0  50/ 69/ 0  56/ 70/ 0 否認
JG2GFX  6/ 1/ 0  50/ 69/ 0  56/ 70/ 0 否認
JH3GXF  7/ 0/ 0  50/ 69/ 0  57/ 69/ 0 否認
JR3QHQ  7/ 0/ 0  48/ 71/ 0  55/ 71/ 0 否認
JA4WWK  6/ 1/ 0  77/ 42/ 0  83/ 43/ 0
JA5SUD  7/ 0 / 0  113/ 6/ 0  120/ 6/ 0
JA6HUG  6/ 1/ 0  91/ 28/ 0  97/ 29/ 0
JA7AJH  5/ 2/ 0  85/ 34/ 0  90/ 36/ 0
JA8ATG  5/ 2/ 0  79/ 39/ 1  84/ 41/ 1
JA8DKJ  4/ 3/ 0  85/ 34/ 0  89/ 37/ 0
JH8HLU  4/ 3/ 0  80/ 39/ 0  84/ 42/ 0
JA9BOH  6/ 1/ 0  103/ 15/ 1 109/ 16/ 1
JF0JYR  5/ 2/ 0  97/ 22/ 0  102/ 24/ 0

JE7JGG  4/ 3/ 0  83/ 36/ 0  87/ 39/ 0

17:58 終結

以上 速報です。

参考
(1) 写真撮影禁止
議事開始時には、写真撮影禁止と、リアルタイムネット中継中止指示が
主議長から出されましたが、写真撮影は明確に撤回させました。
(田原社員、大国社員らによる)

(2) 議事録署名人、議決集計立会人
集計時立会人と議事録署名人は6月28日と同じです。
議事録署名人  JA1MEK JG3CCD JA6HUG
議決集計立会人 JH4PHW JN2OFP

(3) 突出した委任状受任者
なお、6月28日は議決権行使書を提出して欠席した社員のうち、
今日の継続会に出席した社員の1人が41通の委任状を受けていた事実があります。
ここでは、その社員が誰なのかは割愛します。
委任状数2位の方は9通でした。

(4) 暗に会員除名要求
議長を何度も経験している社員の某氏(ここでは、この表現で)は、
法令に基づいて行われた行為の関係者(「法曹関係者」と、容易に特定できる言い回し)
を誹謗中傷(口調的に、意味は「理事会でJARLから除名を決議しろ」)する
発言が在りました。

会員の除名は、理事会で社員総会の議案として承認した後は、
一般社団法人法 第49条第2項により、社員総会で出席社員の議決権の3分の2以上が必須です。
議長複数回経験者なら、一般社団法人法 第49条と同第2項は理解していないと困ります。
理解していれば出ない発言だと思慮します。

参考 一般社団法人法 第49条
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=418AC0000000048#223

#####


私は、2年後に社員返り咲きを狙います。
ありがとうございました。

#####
2020年9月9日 10:40 追記
本来なら、私自身も、ほぼ同じものを書くべきですが、
各社員の発言概要等です。

JJ1WTL 本林さんのブログから

社員総会報告1 2020年09月06日 10:17
議決結果
https://jj1wtl.at.webry.info/202009/article_4.html

社員総会報告2 2020年09月06日 19:56
準備書面回答(1)
https://jj1wtl.at.webry.info/202009/article_5.html

社員総会報告3 2020年09月07日 23:42
準備書面回答(2)
https://jj1wtl.at.webry.info/202009/article_6.html

社員総会報告4 2020年09月08日 23:15
報告事項質疑
https://jj1wtl.at.webry.info/202009/article_8.html

JARLによる言論弾圧、秘密主義でブログ機能提供事業者が不当削除
社員総会報告5 2020年09月12日 15:54

継続会 委任状 議決内容分析
https://jj1wtl.at.webry.info/202009/article_11.html

社員総会報告5- 2020年10月02日 22:36
JARLによる言論弾圧、秘密主義で一部削除して再掲
https://jj1wtl.at.webry.info/202010/article_3.html
#####

2020年9月 3日 (木)

第9回社員総会継続会に向けて

JARL正員が、理事候補者立候補者および社員立候補者に投票するときに
選ぶ基準として考えられるのは、

1 良くオンエアしている(何度も交信している)。

2 同じクラブに所属している。

3 支部役員で良く知っている。

4 アマチュア無線雑誌の記事ライターでファンだから。

5 アマチュア無線の将来を考えて行動している。

というところでしょうか。

選出基準は

1 自分で選んだ。

2 支部長等支部役員から誰に投票するか指示されたから人間関係優先で指示に従った。

3 所属クラブの会長等から誰に投票するか指示されたから人間関係優先で指示に従った。

4 ローカル局など親しい局から頼まれた。(通常の選挙運動の範囲内の勧誘)

というところでしょうね。
選出基準で、一番ダメだと思うのは、もちろん2と3です。
「誰に入れるべきか指示する方との人間関係が壊れるのは嫌だから指示に従った」
というのは言語道断なのです。
但し、その「入れてね」とされた方が現役理事または社員で、
「JARLだけではなく、アマチュア無線の将来を考えている方」ならいいのですが、
社員の場合は社員総会において、理事の場合は理事会で何も意見を出さない方は
NGなのです。
(「他の社員や理事が同じ意見だから自分は言わない」では、その方を支持する
会員等の意見が執行部(会長、専務理事)に伝わりません)
現役ではない方の場合は「アマチュア無線の将来を考えている」のが重要です。

参考になるのはJJ1WTL本林さんのブログに在る資料です。

『社員総会での各社員のアクティビティ』
https://jj1wtl.at.webry.info/201912/article_13.html

2020年06月28日 社員総会報告1 (今年の総会での各社員のアクティビティ)
https://jj1wtl.at.webry.info/202006/article_16.html

上記2か所を読んで、
「準備書面を出した方 または 当日 発言した方」と
「採決に加わっただけの方」は参考にするべきです。
但し、準備書面と当日発言については「**社員と同じ意見だから出さなかった」は
「採決に加わっただけ」とは扱いを変えるべきでしょうが、
「執行部に対しての意見の数」では不利になる分は勘案するべきだと思います。

##### ここから本題です。

今回の9月5日の 第9回社員総会継続会において理事になることを承認するか否かは、
大矢理事等が提案した下記のものに賛成したか反対したかは重要な判断材料です。

①総務省に要望書を継続的に提出する決議案

②外国のアマチュア無線に関する法制度を調査する決議案

③JARL入会・退会者の状況を調査する決議案

④JARLが検討している電子QSLシステムの仕様案を公開し意見を募集する決議案

⑤C4FM他のレピータを検討する決議案

⑥委員会の活動内容を公開する決議案

⑦理事会の運営を適正化する決議案

⑧予算案に詳しい理由を付ける決議案

⑨地方本部や支部が保有する個人情報を一部の候補者だけに提供する事を禁止する決議案

⑩東京オリンピック・パラリンピックのPR局・記念局のコールサインは長すぎるので再考する決議案

⑪コンテスト時のQSLカードの交換の自粛を呼びかける決議案

⑫総務省に、「免許制度の簡素化」に絞った要望書を提出する決議案

参考 上記①~⑫の引用元
九州社員JR6IKD中嶋さんのブログ
http://jr6ikd.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/post-31aa0d.html

当然ながら「金の使い方」や「各種実績」も判断材料です。

現役社員の方は、今日の日中(地域によっては午前中)なら委任状の再提出や
議決権行使書の撤回届の郵送提出が可能です。明日4日の18時までにJARLに届けばいいのです。

私は5日に出席しますので、委任状歓迎です。
私宛に委任状を出していただく場合は、第2号議案において、各候補者毎の認否を
メールで良いのでお知らせください。

de JO1EUJ 髙橋 俊光
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 関東地方本部区域社員

2020年選挙では落選のため、今回の継続会終結をもって社員を退任します。
2期連続4年間でした。
2022年に社員返り咲きを目指しますので、その2年間、JARLを任せられるか否かで
各候補者の認否は決めてあります。








2020年9月 2日 (水)

あり得ないJARLの領収書処理

JARLの会計帳簿の根拠になる領収書が開示されたけど、
(一般社団法人法の定めによる開示請求)
開示された領収書を見て、愕然としました。

一般論で、「こんな領収書は受付できない」が普通のものが多すぎるのです。

打ち合わせ後の飲食としても、打ち合わせ議事録がきちんと在るのは当然です。
当然、打ち合わせ参加者が誰なのかは明らかになっていないとダメですね。

接待と思われるものもあるけど、接待者する側、される側の全員の名前と
接待目的も必須です。

交通費については、「他にもっと交通費が安い手段は有るはず」のものがある。
航空機を利用する場合は、出張が確定した段階で、最も安い割引運賃の航空券を
手配するのは常識です。

もちろん、9月5日の 第9回社員総会継続会で審議する第2号議案、理事監事の
承認の判断材料です。
私は今回の社員選挙で当選できなかったので、
平成28年度から連続2期4年で任期を終えますが、
令和2年度、3年度のJARL運営を任せられるか否かを考慮します。

詳細は下記参照。

JARL正常化プロジェクト 2020年8月31日
開示された領収書の分析(その1・旅費交通費)
https://jarl2020.wordpress.com/2020/08/31/jarl-receipts-1/

JARL正常化プロジェクト 2020年9月1日
開示された領収書の分析(その2・飲食費)
https://jarl2020.wordpress.com/2020/09/01/jarl-receipts-2/

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »