« 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 第9回通常社員総会 当日 | トップページ | 6月28日の第9回JARL社員総会の第一号議案までの感想 »

2020年6月28日 (日)

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 第9回定期社員総会  超速報

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 第9回定期社員総会 速報です。

時刻はJO1EUJの腕時計です。
基本的に私がTwitterでほぼリアルタイムで流したものの再掲です。
社員席は7列6段で、私は一番窓側の一番後ろでした。
傍聴人は6名ですが、実際に来場したのは、コールサインと御名前を
確認できたのは3名です。

以下 敬称略

議長 JA1STY JA8DKJ
議事録署名人 JA1MEK JG3CCD JA6HUG
12:50現在の出席等
本人出席   34
議決権行使書 76
委任状    15
社員総数   128

13:05 議事開始 議長 JA1STY
第二号議案で、JH1UBU 根本氏を削除した議案書(1枚)の
配布を要求するも議長と事務局は修正後の議案書が無いことを根拠に
議長は審議続行線宣言。

根本氏は6月20日で局免失効が判明したことから議案取り下げが提起されたが
取り下げについては理事会決議無しであることから紛糾しました。

準備書面の書面による回答は欠席者優先で回答済み。
本人出席分は1号議案分を回答中。
欠席者の準備書面回答を他の社員に公開するかは検討する。

採決は出席社員の投票と議決権行使書の合計で実施。

13:43 高尾会長が帳簿閲覧請求に関する説明

13:57 第一号議案当日質問開始
最初はJA3HBF (以下敬称略)
JL3JRY JE8KQR JJ1WTL

日野丘専務理事の退職金は事務局職員としての定年退職の退職金。
7L1FFN JA1RTS 迄で質疑打切 採決に持ち込もうとするが、
JE8KQRが議長解任動議するも、JJ1WTLが質疑応答継続で解任動議取下提示。
解任動議は一般社団法人法で定める議長権限逸脱が根拠。

JE8KQRが一般社団法人法第53条読み上げる。
質疑 JH3GFA JG3QZN JA3HBF
例:出張規程と職員以外の慶弔規定制定要求有り。

JE8KQR 大矢理事に感想要求。
大矢理事 「この場は議案審議の場だから感想は差し控えたい、一言言うなら、
     「他の社団法人の常勤理事を務めている立場では、JARLの理事会は、
      他の社団法人の理事会とは、かなり違う
印象が在る」」
      という趣旨の発言があった。
   
質疑継続
JE8KQR JA3WDL JJ1WTL JA3HBF
社員の欠席者の準備書面回答内用開示要求等

JH4PHW JH3GFA JG3QZN JA1MEK JA1RTS JH2DFJ
JE3DBS JH2EUO JL3JRY

15:36
第46回理事会(昨年の社員総会終了後の臨時理事会)を欠席した理事に理由陳述要求。
「理事会欠席は一般社団法人法違反」という指摘有るも妙な回答有り。
「不当な理事会招集だから欠席した」に場内反発。
反発理由は「定款に則った臨時理事会招集であり、JARL定款の上位法令の
一般社団法人法の規定に反する欠席理由を挙げるのは理事不適格」など。

16:08
JH3QNHまでで質疑応答打ち切り
理事会で否決された総務省陳情について田中理事説明

16:10
第一号議案無記名投票。
JH4NMTの集計立会人2名要求受入。
立会人はJH4PHW JN2OFP

質疑で多かったのは、仮処分命令によって開示された帳簿類を
見ないと判らないものが多かった。
出張旅費(会長、広報大使が使った使途)
渉外費(手みやげ代、慶弔規定に無い支部長等への香典、生花)

16:36 第一号議案 採決結果 賛成 反対 保留(以下同様)
出席社員    賛9 否40 保0 委任状込み
議決権行使書  賛65 否10 保0

第一号議題は可決
16:35 16:45まで休憩宣言

16:45 審議再開 議長 JA8DKJ
議決権行使書原本は総会会場に無いことが判明。
誰がどう行使したかの集計結果は有る。これで紛糾中
6月29日 05:30 訂正
「議決権行使書の原本は会場に持ってきていない。
誰がどう行使したかの集計結果は有る。」という事務局長の発言で紛糾。
(議決権行使書提出締切後、今日 本人出席一人有りなので
差し引くのに手間取ったようです。)

第二号議案で審議対象のJA8DKJの議長不適格動議でも紛糾する。
「JA8DKJの理事就任議決時だけ正議長を交代」案をJA1STYが出すも
議長団解任動議採決まで
議決権行使書の記載内容の確認法を巡って時間を20分ほど空費。

17:10
議決権行使書の原本確認要求により。
原本を持ってきたとの報告有り。
6月29日 05:30 訂正
議決権行使書は、事務担当職員が原本を持ってきていた事が判明した。
事務局長が、持参していることを知らなかったとのこと。
議長団解任緊急動議継続

17:15
議長団解任緊急動議採決 挙手で集計

解任 賛38  否11 保0
出席社員 議決権総数 49(委任状込み)で議決です。
前代未聞 議長団解任成立する。

新議長 7L1FFN JA1HGYを会長が指名する。

17:40
延会要求動議。 JJ1WTL JE8KQR等 私も賛同発言。
根本氏を監事候補者から除いた議案書を理事会で決議後に
現社員で日程を改めて審議を要求。
根拠は一般社団法人法第56条

質疑 JH4PHW JJ1WTL
「第1号議案の令和元年度決算については準備書面のみでの議決結果は賛成(承認)
が圧倒的多数なのに対して当日出席社員のみでの議決結果は否認が圧倒的多数。」
と真逆という状況から、
「第2号議案の審議対象の各候補の中には同様の結果になる方が出てくる可能性が
有り、それは
「必要な情報が社員に正しく伝わっているかの観点で疑念が残るので審議は継続できない」
という附帯意見が出されました。

17:47 延会要求動議採決 議長は7L1FFN 挙手で集計
後日 第二号議案から再開
賛39 否10 保0
出席社員 議決権総数 49(委任状込み)で議決です。

よって現社員と現理事監事は後日の第二号議案の審議終了迄身分継続します。
(JE8KQRが駄目押し発言。)

17:49 延会宣言

早ければ今夜中にJJ1WTLさんが何時もの切り口で総会速報を書くでしょう。
6月29日 06:30 訂正
JJ1WTL 本林さんの速報 6月28日 23:02
社員総会報告1
https://jj1wtl.at.webry.info/202006/article_16.html


6月30日 10:10 追記
JJ1WTL 本林さんの速報 6月29日 23:31
社員総会報告2
https://jj1wtl.at.webry.info/202006/article_17.html

6月30日 10:10 追記 ここまで

7月3日 08:30 追記
JJ1WTL 本林さんの速報 6月30日 23:38
社員総会報告3
https://jj1wtl.at.webry.info/202006/article_18.html

JJ1WTL 本林さんの速報 7月1日 22:58
社員総会報告4
https://jj1wtl.at.webry.info/202007/article_2.html

JJ1WTL 本林さんの速報 7月2日 23:33
社員総会報告5
https://jj1wtl.at.webry.info/202007/article_4.html

7月3日 08:30 追記ここまで

7月4日 16:30 追記
JJ1WTL 本林さんの速報 7月3日 22:20
社員総会報告6
https://jj1wtl.at.webry.info/202007/article_7.html

7月4日 16:30 追記ここまで


以下 参考
一般社団法人法第56条

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=418AC0000000048#269

(延期又は続行の決議)
第五十六条 社員総会においてその延期又は続行について決議があった場合には、
第三十八条及び第三十九条の規定は、適用しない。

(社員総会の招集の決定)
第三十八条 理事(前条第二項の規定により社員が社員総会を招集する場合にあっては、当該社員。
      次条から第四十二条までにおいて同じ。)は、社員総会を招集する場合には、
      次に掲げる事項を定めなければならない。
一 社員総会の日時及び場所
二 社員総会の目的である事項があるときは、当該事項
三 社員総会に出席しない社員が書面によって議決権を行使することができることとするときは、その旨
四 社員総会に出席しない社員が電磁的方法によって議決権を行使することができることとするときは、その旨
五 前各号に掲げるもののほか、法務省令で定める事項
2 理事会設置一般社団法人においては、前条第二項の規定により社員が社員総会を招集するときを除き、前項各号に掲げる事項の決定は、理事会の決議によらなければならない。
(社員総会の招集の通知)

第三十九条 社員総会を招集するには、理事は、社員総会の日の一週間(理事会設置一般社団法人以外の
      一般社団法人において、これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)
      前までに、社員に対してその通知を発しなければならない。
      ただし、前条第一項第三号又は第四号に掲げる事項を定めた場合には、
      社員総会の日の二週間前までにその通知を発しなければならない。
2 次に掲げる場合には、前項の通知は、書面でしなければならない。
一 前条第一項第三号又は第四号に掲げる事項を定めた場合
二 一般社団法人が理事会設置一般社団法人である場合
3 理事は、前項の書面による通知の発出に代えて、政令で定めるところにより、社員の承諾を得て、
  電磁的方法により通知を発することができる。この場合において、当該理事は、
  同項の書面による通知を発したものとみなす。
4 前二項の通知には、前条第一項各号に掲げる事項を記載し、又は記録しなければならない。

#####
6月30日 10:10追記

後日開催の継続会議について、法務的見地から。
7K1BIBさん(第9回社員総会終了後に関東地方本部区域社員に就任 本業は弁護士)
2020年6月29日 「社員総会の「続行」とは
https://7k1bib.wordpress.com/2020/06/29/mtg-continuation/

以上です。
転載ではなく、この投稿にリンクを張った上での総会(中継)感想等は容認します。

« 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 第9回通常社員総会 当日 | トップページ | 6月28日の第9回JARL社員総会の第一号議案までの感想 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

最近のコメント