« Ham World 2020年7月号 | トップページ | JARL第9回 社員総会 招集状 到着 »

2020年5月30日 (土)

令和2年5月23日 JARL理事会 議事録を読んで

コロナウイルス対策でZOOMを使ったリモート会議だったとのことです。

JARLの会員専用サイトで公開された議事録を読んで、唖然としました。
出席した理事筋から伝わってくる情報と照らし合わせると、
怒りを覚える部分が何点か有ります。

どこがどうなのか。
精読して準備書面に追記予定です。

1:周波数委員会の答申 
  1,910kHz帯の実情を周波数委員会や理事は、どこまで把握しているか。

2:社員総会の開催方法
  「出席者を8割減らす」「議決権公使書を強く推奨」と言うが、
  「強制」になってはいけない。
  新型コロナウイルス対策に伴う、都や国のイベント等の制限指針によれば、
  全社員、全理事監事、事務局、傍聴人、取材陣を考慮すると、全員が出席
  するには「STEP3」まで緩和されなければならず、
  緩和されても緩和直後は慎重になるのは理解できるが、
  直接出席するか議決権公使書によるかは社員の自由意思で決めるべきものである。
  総会運営事務局が出席者を選ぶようなことは、在ってはいけない。

  一般社団法人及び一般財団法人に関する法律 第38条により、
  完全オンラインは不可能。 実出席とリモート参加の複合型は可能です。

     今回に限らずが基本だけど、今回は各議案(理事候補者の認否)の賛否は
  採決時には

  「実出席者の賛否は賛成*票、反対*票、保留*票、
   議決権公使書の賛否は賛成*票、反対*票、保留*票、
  合計 賛成*票、反対*票、保留*票 よって可決(承認)【否決(否認)】」

  をその場で公表を要求します。

  参考
  一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
  https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=418AC0000000048#166
  
3:理事提案議事
  会員だけでなく、アマチュア無線全体に有益になると思われる提案が幾つか
  否決されている。 その否決理由をもっと詳細に発信することと、
  否に票を入れた理事には具体的な対案(当然 より優れたものであること)を
  求めようと思います。


« Ham World 2020年7月号 | トップページ | JARL第9回 社員総会 招集状 到着 »

アマチュア無線」カテゴリの記事