« 1,910kHz帯のSSBは現時点では変更申請と許可が必要です。 | トップページ | 令和2年度 電波環境保護活動のイメージキャラクターは壇蜜さん。 »

2020年4月25日 (土)

一括記載コード 3MAと4MAに含む電波型式の改正

アマチュア局において使用する電波の型式を表示する記号を定める 告示の
一部改正案に対する意見募集

https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000435.html

 

令和2年4月25日から5月29日までの受付です。

簡単に言うと、
3MAはA1A、F1B、F1D、G1D、G1B
4MAはF1B、F1D、G1D、G1B
ですが、
これに A3C、A3E、D3C、F3C、F3F、H3E、J3E、J3F、R3Eが追加されるのです。

1,910kHz帯と3,537.5kHz帯が4月21日に拡張され、
1,800~1,810kHzと1,825~1,875kHzではバンドプラン告示上 
SSBとAMの使用が可能になりました。これを受けて、
一括記載コード 3MAと4MAも狭帯域の電話が含まれるものに変更になるのです。

この一括記載コードが新しくなった後に、
無線局免許状で1,910kHzがA1Aになっている方は3MAまたは4MAになった免許状を
受け取ってから運用が可能になります。
現在3MAまたは4MAになって居る方は、改正案では「改正後は狭帯域の電話系も含む」
ので何も手続きをしなくて良い可能性があります。

というのは、送信機の変更手続きを、どう扱うかは総務省で検討中です。
下記参照してください。

1,910kHz帯のSSBは現時点では変更申請と許可が必要です。(令和2年4月23日付)
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-777eb6.html


原案に賛成する。とし、付帯意見として

他の一括記載コードにも追加するべき電波型式としてFreeDVで使われる
F1E、G1E、F7W、G7Wと、
第三級アマチュア無線技士以上を対象にA3Eが許可される帯域でA2Aも
後日でいいので可及的速やかに改正を希望する

を付記しました。

« 1,910kHz帯のSSBは現時点では変更申請と許可が必要です。 | トップページ | 令和2年度 電波環境保護活動のイメージキャラクターは壇蜜さん。 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

最近のコメント