« 2020 JARL 社員・理事候補者選挙 所信更新 | トップページ | 8J1ITUは今年は特別体制です。 »

2020年3月22日 (日)

構内における空間伝送型ワイヤレス電力伝送システムの技術的条件 パブコメ提出

陸上無線通信委員会報告(案)に対する意見募集 -
「空間伝送型ワイヤレス電力伝送システムの技術的条件」のうち
「構内における空間伝送型ワイヤレス電力伝送システムの技術的条件」 -

意見募集 令和2年2月22日から3月23日まで

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=145209475&Mode=0

資料のページ数が233ページなので、精読に時間がかかりました。

アマチュアバンドで、5,760~5,762MHzは月面反射通信に使用しているため、
5758MHz、5764MHzは多大な影響があることからを削除するべきであることと、
不要輻射を原案よりももっと抑えることを付帯意見として提出しました。

不要輻射については、原案より低減するべき理由については、
「「アマチュア局が動作することを許される周波数帯(平成21年3月17日 総務省告示
第126号」の注5に
「産業科学医療用(ISM)装置からの有害な混信を容認しなければならない」
とあるが、ISM機器は当然、本件のワイヤレス伝送システムでも可能な限り不要輻射を
抑えるべきである。
なぜならば、今日ではアマチュア業務以外の無線局も存在する周波数帯になっており、
その目的においては不要輻射は脅威になり得るので極力低減するのが望ましいからで
ある。」
としました。

« 2020 JARL 社員・理事候補者選挙 所信更新 | トップページ | 8J1ITUは今年は特別体制です。 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

最近のコメント