« JARL直轄各種委員会委員の会議議事録と準備書面 | トップページ | 2020 JARL 社員・理事候補者選挙 所信更新 »

2020年3月13日 (金)

アマチュア局に関するパブリックコメントの結果

アマチュア局に関する規則、告示の改正に関する
パブリックコメントの結果が令和2年3月11日に公表されました。

https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000427.html

以下 所感です。

(1) バンド拡張等
私の意見は個人31と個人32です。他の項目は同一意見のものに集約されています。
全項目賛成として、付帯意見として一括記載コードの見直しをお願いしました。
総務省見解を見ると、
1,910kHzの3MAと4MAには「J3E」を追加していただけるようです。

ちなみに、個人23と個人176は意見募集趣旨には反する意見ですね。
「アマチュア無線そのものを日本では廃止しろ」というもので、
個人23は「時代遅れである」、個人176は「電磁波過敏症の者に有害である」
が根拠になっていますが、ツッコミどころだらけの意見です。
JARL理事各位は、どう反論するかが気になります。
総務省見解は「アマチュア局は電波法令に基づく無線局です。」と単純明快です。

(2) 手続簡素化
変更申請(届)に関して、「簡素化に反対」という意見が散見します。
「どんな電波なのか勉強して諸元表等を書くことに意義がある」のだそうです。
それは、確かにそのとおりですが、諸元表を書かずとも勉強はできます。
また、

「アマチュア局の無線局免許手続」の「究極の簡素化」は
「免許人の無線従事者資格で操作できる範囲全てを許可」し、
【「識別信号(コールサイン 呼出符号)」、「有効期限」、「常置場所」
等を記載した無線局免許状を交付する(参考はFCC免許方式)】
なのですが、
「一括記載コードからF1BやF1Dを削除して、附属装置を使うものは全て諸元を
必須とせよ」は、この簡素化には反するものだと思います。

「簡素化に反対」の意見を出した方は
「アマチュア局流包括免許(操作範囲内で完全自由 理想はFCC方式)」にも
反対なのでしょうね。

(3) 一定条件の無資格運用
一定条件での無資格者運用も反対意見が散見します。
反対意見の視点も判りますが、ここは
「アマチュア無線普及を通じてIoT技術者を増やす」等の視点に立てば、
「アマチュア無線の将来のため」には、究極の一つはFCCが許可している方式でしょう。

「二アマ以下の有資格者でも一アマの監督の下に一アマの操作範囲を操作して良い。
ただし、連絡の設定と終了は監督者が行うこと」という趣旨の総務省見解は
想定の範囲です。

臨時に開設する局で1kWを許可されているときは、たとえば

1. 1kW送信状態で一アマの監督者がCQを出して相手局を選ぶ。
2. 応答した局の了解の元で、二アマ以下もしくは無資格者に1kWを体験していただく。
    端的に言うなら「相手局とRSレポート交換をする」。
3. 交信終了の挨拶は一アマの監督者が行う。

ということも可能になるわけです。
ここで懸念するべきは、特別記念局や記念局によってはパイルアップが必至である点
です。
「特別記念局や記念局と交信し、QSLカード欲しさ」から、
「無資格者の体験時間帯でも通常通りのパイルアップ捌きを要求する」ことは、
あってはいけません。対応策が必要でしょう。

ここは当面は「臨時に開設する局に限る」ので良いとおもいます。

(4) まとめ
総務省の見解が示されています。
今後は、無線局免許手続規則、工事設計変更の軽微な事項を定める告示、
アマチュアバンド告示、バンドプラン告示、一括記載コード告示等
改正対象の規則(政令、省令)、告示の改正を待ちましょう。

私見ですが、「1,910kHz帯でSSB(J3E)を追加する」届(申請)を出すのは、
「一括記載コード告示」が改正されて、
「3MAと4MAに「J3E」が追加されてからのほうがいい」と思っています。

アマチュアバンド告示とバンドプラン告示が改正されても、
一括記載コード告示が改正されるまでの「「3MAと4MAに「J3E」が含まれていない」
ときに、はじめてJ3Eを追加するとき」はTSSまたはJARDの保証を受ける必要があります。
他のF7WやG7W等も同様です。

一括記載コードを見直ししていただけるようですので、
どこまで包含していただけるかが気になります。
「一括記載コードに含まれる」ならば、無線局免許状の指定事項は変わりませんから、
今回の改正対象の「手続き簡素化」の適用は可能になるわけですから。

理想は関連規則と告示がすべて同時に改正されることですが、
「急いてはことを仕損じる」です。
一括記載コード告示は狭帯域デジタルを意識したF7D、F7W、G7Wや
1,910kHz帯の狭帯域アナログ電話(A3E,J3Eなど)の追加をしていただいて、

よほど特殊なことをしないかぎりは
「一括記載コード内だから免許状の記載事項は変わらない」

を実現していただければいいと思っています。


« JARL直轄各種委員会委員の会議議事録と準備書面 | トップページ | 2020 JARL 社員・理事候補者選挙 所信更新 »

アマチュア無線」カテゴリの記事