« 7,095kHz付近をクリアに。フィリピンで非常通信の可能性。 | トップページ | 本日の福井県で実施のARISSの成功を祈念いたします。 »

2020年1月18日 (土)

総務省 令和2年1月17日付け パブリックコメント

総務省がアマチュア無線制度に関してパブリックコメントを実施します。

意見募集期間は令和2年1月18日から同2月17日まで。

1:アマチュアバンドの1.9MHz帯と3.5MHz帯の拡大。

  (1) 拡大部分は二次業務。

  (2) 1,800kHz~1,810kHzと1,825kHz~1,875kHzでは
    SSBが許可される。
  
2:附属装置敷設時の簡素化

  (1) 一括記載コードの範囲内(F1DやF1Bなど)ならば、
    無線機と附属装置の接続図は不要。
    紙、電子申請Lite、電子申請通常のどの場合でも
    「15 備考」に
    
    「第*送信機にパーソナルコンピュータ通信装置を
    接続して各種狭帯域デジタル通信を行う」
    
    と記載すること。
    
    (附属装置の諸元は一括記載コードに含まれるものならば
    不要 根拠は別添1)
    
  (2) 一括記載コードに含まれない場合は
    無線機(送信機)との接続図と附属装置の諸元は必須。
    例 FreeDVのG1E、F1E、F7W、G7W、
    wsjt-xのECHOのN0Nなど
    
  (3) 空中線電力200ワットを超える局でも、TSSまたはJARDの
    保証を受ければよい。

3:無資格者の運用は現行のARISSでの国際宇宙ステーションとの交信で
  年齢制限有から年齢制限無しになり、相手も全アマチュア局に拡大。
  目的も「教育委員会から「教育の一環」と認証必須」から
  「アマチュア無線を通じて無線技術に対する理解と関心を深める」に
  緩和される。

参照先 パブリックコメント案内
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000416.html

 

2:所感:(原案を精読しきってはいませんが)

 (1) バンド拡大は、アマチュア無線家目線では、
   3.5MHz帯の歯抜け解消が望ましかったが、現状では、改正案が
   限度でしょう。

 (2) 手続き簡素化歓迎。現時点ではこれでいいです。

 (3) 各地のJARL支部大会、市区町村民祭、科学館イベントなど公共性が
   在るイベントに、無線通信に興味をもってもらうことや、
   アマチュア無線の普及を目的で出展する際に、
   期間限定で臨時に開設する社団局に緩和されること、
   通信相手が全アマチュア局に拡大は賛成。

   (デジタル簡易無線、特定小電力、デジタルコミュニティ無線、
   市民ラジオ、玩具などのトランシーバーを可能な範囲で用意して
   無線機による差を体感してもらうとか、短波帯での外国や遠隔地との
   交信とか、いろいろできる)
   
   参考までに、無資格者にプレストーク操作を許すのは
   電波法施行規則33条5項です。

   三 施行規則第三十三条第八号の総務大臣が別に告示する簡易な操作は、
     次のとおりとする。
     5 プレストーク方式による無線電話の送受切替装置及び
       ラジオマイク(電波を利用するマイクロホンをいう。)の技術操作

     https://www.tele.soumu.go.jp/horei/reiki_honbun/a720315001.html


#####
1月22日 07:10 追記
「原案に賛同する」で意見提出を1月18日に行いました。

一括記載コード告示で、「申請者数が相当数居る電波型式の追加」
(FreeDVで使われる「3K00 F7W」「3K00 G7W」「3K00 G1E」「3K00 F1E」など)

バンドプラン告示で、「狭帯域デジタル専用帯に「3K00 F7D」の追加

等の付帯意見有りです。


1月23日 07:00追記

今回のパブリックコメンと対象のうち、
1,910kHz帯と3,537.5kHz帯の拡張は

一般社団法人 日本ローバンド拡大促進協会
http://low-band.com/

による「「相当の期間を置いたワッチ調査結果」を踏まえた陳情」も
影響していると思われます。

但し「ワッチしたが全く使われていないようだ」という結果でも
「その周波数帯の免許を受けている局が在る」ことと
「どういう無線局かは、免許情報を公開できない無線局が在る」
(情報源は「その無線局に従事歴がある方等」としか 公開できません)
ことを踏まえれば、今回拡張対象部分のうち
1,825kHz~1875kHz、3,575kHz~3,580kHz、3,662kHz~3,680kHzが二次業務
としてアマチュアに許可は、現状では仕方がないところです。

(提出意見で言及済みです)


 

« 7,095kHz付近をクリアに。フィリピンで非常通信の可能性。 | トップページ | 本日の福井県で実施のARISSの成功を祈念いたします。 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

最近のコメント