« 「電波有効利用成長戦略懇談会 令和元年度フォローアップ会合 追加提言(案)」に対する意見 提出完了 | トップページ | 旧称「泉州サバイバルコンテスト」のマラソンコンテスト参加者は、今夜は特段の配慮を。 »

2019年11月17日 (日)

8J1RLが160mに出てこない理由は観測機器の関連です。

8J1RLに、80mや160mへのQRV依頼があるそうですが、
基地の設備の制約で不可能なのだそうです。
「南極は広いから、アンテナも自由だろ」は無理だそうです。

「なりすまし(パイレーツ)」も居るそうです。
(160mのは全て偽物だそうです。)

「こちらは8J1RL南極昭和基地です」から引用

現地では超高層大気の風の流れを観測するMFレーダを連続稼働している関係上、
電磁干渉を避けるため、
すべてのモードで8J1RLの160mバンドのQRVはありません
のでご注意ください。


引用 ここまで

参考 2019年11月16日付
https://cq8j1rl.exblog.jp/27866043/ 

8J1RLに限らず、各国の南極基地からの運用は様々な制約がある中で行われています。
各種通信機器への電波障害防止は当然ですし、
特に観測機器への電波障害は絶対に避けなければなりません。(電波法第56条等)

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL 東京都支部監査指導委員
JARL 関東地方本部区域社員
総務省 東京都電波適正利用推進員協議会 幹事

« 「電波有効利用成長戦略懇談会 令和元年度フォローアップ会合 追加提言(案)」に対する意見 提出完了 | トップページ | 旧称「泉州サバイバルコンテスト」のマラソンコンテスト参加者は、今夜は特段の配慮を。 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

最近のコメント