« 今年も「ねりままつりイベントエフエム」の開設準備中です。 | トップページ | JARL千葉県支部からのお願い。台風19号対応 »

2019年10月11日 (金)

台風19号接近と全市全郡コンテスト

明日12日の21:00から13日の21:00までは全市全郡コンテストが開催されます。

公式案内には
https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-1_Contest/all_cg/allcg_rule.htm

【全市全郡コンテストに参加の皆様へ】

 全市全郡コンテスト期間中に台風19号が日本への接近、上陸のおそれがあります。
 同コンテストへのご参加いただく場合には、気象情報等に注意し、充分な対策を行って
 いただき、無理のない運用をお願いします。

#####

と書かれていますが、ここは思い切って中止するべきではないでしょうか。
というのは、移動運用で参加予定の方の中には移動するのは中止を決めた方が
出てきています。(Twitterや各種SNSでの情報)

私は関東地方、東海地方に上陸するのは確実で、千葉県が大きな被害を受けた
今年の台風15号と同じようなコースと想定しています。

台風15号で被災し、コンテストどころではない方がいます。
19号による災害に対する非常通信に備えるべきだと思います。

それを踏まえて、誰が中止を決めるか。
今日11日に決めるのが理想ですが、12日午前中でも十分です。
JARLコンテスト委員会がメールで持ち回り会議にして最終判断はJARL会長でしょう。
JARLメールマガジンとJARLーWEBで告示すれば、とりあえずは十分だと思います。

10月12日 07:15追記 ここから

台風の影響を受けないと思われる地域の方にとっては
「中止しなくてもいいのでは」という考えもあると思います。
コンテスト参加するしないは自己責任です。
非常通信の実施も自己責任です。

昨日は午後になると、コンテスト常連の大学の社団局のなかには
各種SNSで「参加断念」を公表しているところがでてきました。

「大学がキャンパス閉鎖を決めたので、12日、13日はシャックに居ることができない」
という理由を挙げてきたところがあります。

「メジャーだけどJARL主催ではないコンテスト
(例 6mAMコンテスト )では「非常災害発生時またはおそれがあるときの中止」
が規約に明記されているのにJARL主催コンテストは、なぜ明記しないのよ」
という、今年の社員総会でJG3CCD石本さんが準備書面に書いた提言が提言の発端です。



追記 ここまで

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL 東京都支部監査指導委員
JARL 関東地方本部区域社員
総務省 東京都電波適正利用推進員協議会 幹事


« 今年も「ねりままつりイベントエフエム」の開設準備中です。 | トップページ | JARL千葉県支部からのお願い。台風19号対応 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

最近のコメント