« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月14日 (土)

令和元年台風15号と非常通信

令和元年9月8日~9日にかけて来襲した台風15号で被災した方にお見舞い申し上げます。

関東地方、特に千葉県や伊豆大島等が深刻な被害を受けています。
送電設備の倒壊等により停電が発生しており、今なお停電している地域が在ります。
東京電力の見積もりでは復電までは9月末まで掛かるようです。
倒木処理がかなりな量になっているなどの原因が在るそうです。

電話局や携帯電話基地局は、短いと数時間、長くても
せいぜい3日ほどで非常用蓄電池や発電機の燃料が無くなりますので、
公共通信途絶地域が発生しています。

公共通信が途絶ということになると、
電波法第52条で定める「非常通信」(無線局の免許人の自主判断)
または
電波法第74条で定める「非常の場合の無線通信」(総務大臣が免許人に依頼する)
が行われることになります。

これに関して数名の方から相談を受けました。
公共性が高いことと、過去に当ブログで言及したことをふくめて
回答(助言)内容を記載しておきます。

電波法第52条で定める「非常通信」と
電波法第74条で定める「非常の場合の無線通信」の
どちらの場合も実施にあたっては以下の前提が在ります。

大原則は
【「免許を受けている無線局」で「その無線局を操作できる無線従事者が、
所持(選任届が出ている)する無線従事者免許の操作範囲内で行う」】です。
(電波法第4条で「免許不要」とされる無線局を含む)

アマチュア局に関しては、
(1) 個人のアマチュア局の場合は免許人本人が自ら行う。
(2) 社団のアマチュア局は構成員が行う。
は絶対条件です。

(3) 個人のアマチュア局を免許人立ち会いの下で、それを操作できる有資格者が行う。
(4) 社団のアマチュア局の構成員(会長が望ましい)の立ち会いので、
それを操作できる有資格者が行う。
は次善です。(3)と(4)は、いわゆる「ゲストオペ」のことです。

(1)~(4)のどの場合も「操作する方の無線従事者免許の操作範囲内で操作する」です。

某市非常通信協力会のコアメンバーのホームページで
「非常通信ならばアマチュア局を無資格の者が操作しても良い」
という記述が在りますが、これは致命的誤記です。

無資格者(無線従事者免許が無い者)が操作できるのは、
電波法施行規則第33条の2 第1項第2号により
「非常局」を運用するときに
「非常局を操作できる無線従事者免許を受けている者を確保できないとき」
だけです。
(通常時の「主任無線従事者による監督」での無資格運用は合法ですが、
今回は「アマチュア局で非常通信(非常の場合の無線通信)を行う時の
無資格運用の可否」が主題です。)

なお、
「通信手段が、そこにあるアマチュア無線機以外に無い」が
「そのアマチュア無線機は免許を受けているけど、免許人が負傷して自ら操作できない」
というような事態の時は、「刑法で定める緊急避難行為に見なせる」可能性が有ります。
該当するか否かの判断は、総合通信局、総務省、もしくは電波法令違反として立件された
時は裁判所の裁判官です。

参考
JARL 非常通信マニュアル
https://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/2-4_Hijou/index-manual.htm

2016年9月 1日付 私のブログ
非常通信、非常通信業務、非常の場合の無線通信、緊急避難
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-ecbc.html

2012年7月22日 私のブログ
緊急避難行為と無線局の無資格操作
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-4aab.html


de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL 東京都支部監査指導委員
JARL 関東地方本部区域社員
総務省 東京都電波適正利用推進員協議会 幹事









2019年9月 8日 (日)

今日のテレビ朝日「ナニコレ珍百景」に「NASA通信」が登場

番組中では「アマチュア無線」を紹介していました。

しかしながら「ある程度のアマチュア無線歴が有る方」なら、
その関連で登場した「NASA通信機」が、どういう会社なのか。
具体的には「「NASAパーソナル無線」とはどういうものか」は
ご存じのはずです。

ましてや私のように「JARL監査指導委員歴」が長い方は
「より詳細をご存じ」のはずです。

その観点では、8月18日の「ポツンと一軒家」のように
「無線ネタに関する監修」をどこまでやったのかなと。

私が「中の人」なら「NASA通信がらみは放送しない」を進言します。

今日の記事は、「個人の見解」です。

 

 

 

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »