« JARL理事 JI1DWB 大矢 浩氏の理事会決議案の感想 | トップページ | FT4 届け出しました。 »

2019年7月29日 (月)

青少年のための科学の祭典全国大会 出展とりやめはしてはいけなかった。

今年の「青少年のための科学の祭典全国大会」は
出展協力金の支出を巡るゴタゴタ(私の今年の社員総会準備書面参照)の
関係で出展を見送りました。

その関係か否か、7月27日は例年だと科学の祭典1日目ですが、
CW講習会と登録クラブ代表者会議になったので、
2日目の7月28日に見物に行ってきました。

ここ10年 JARL東京都支部のブースの定位置の場所には
「日本鉱物学会」がブースを出していて、
銅、鉄、ニッケル、アルミニウム、亜鉛、鉛の特性を調べる体験コーナー
になっていました。

電波に関連した演示は今年は皆無です。
また、JARL東京都支部以外にも昨年出展していた常連出展者の中の
いくつかが出展はありませんでした。

祭典の出展要項で、アマチュア無線自体のRR、JARL自体のPRには制約が
ありますが、「ハムフェアでの22歳以下と女性無料」と比べると、

科学の祭典全国大会への出展取りやめはするべきでは無かった

と言い切れます。

「ハムフェアでの22歳以下と女性無料」については
「ハムフェア自体がアマチュア無線自体に興味が無いと来ない行事」です。
昨年あたりから「ライセンスフリー無線」にもJARL自体が注目し始めたようですが、
それも踏まえれば
「ハムフェアは無線通信、無線技術、電波自体に興味が無いと入場無料でも来ない行事」
です。
それに対して「科学の祭典」は「科学教育振興の一環」です。
「こんなのもあるよ」で「電波関連の実験実演、工作体験」で出展するべきなのです。

「アマチュア無線の免許が無くてもできる実験、工作」として
昨年は
「地デジテレビ受像用3素子八木宇田アンテナを紙とアルミホイルで作る」
で出展しました。(今年は同じ内容で「科学の祭典in小金井」には出展します)

それ以前は八木宇田アンテナの特徴、電波の反射、通過、遮断、
(CDMA式携帯が主流になってから)
それ以前はPDC法式携帯電話電波チェッカー制作(東京都支部長が 故JA1DXU 本間さんの
時代から平成20年ごろまで(CDMA式携帯が主流になるまで))でした。

費用対効果というか「アマチュア無線そのものを間接的でも良いので知っていただく」
という観点では「出展取りやめはしてはいけない判断だった」と言えるでしょう。

会場では例年挨拶している関係筋には挨拶をしてきました。
電波ネタで出展、演示ができる団体は法的制約で限られます。
JARL東京都支部の出展が無かったことを残念がる声も有りました。

 

« JARL理事 JI1DWB 大矢 浩氏の理事会決議案の感想 | トップページ | FT4 届け出しました。 »

アマチュア無線」カテゴリの記事