« フランスが144MHz帯を航空移動業務に提案 | トップページ | JARL 大矢理事の理事会決議案の意味 »

2019年7月15日 (月)

「周波数再編アクションプラン」の見直しに係る意見募集


「周波数再編アクションプラン(令和元年度改定版)(案)」
について令和元年7月11日(木)から同年8月9日(金)までの間
パブリックコメントが行われています。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000313.html

アマチュア無線家目線では別紙1の11ページ

今後取り組むべき課題
② アマチュア局が動作することを許される周波数帯(バンドプラン)の
うちMF帯について、既存の業務用無線の動向等を踏まえ、
バンドプラン等の見直しの可能性について、令和元年度に検討を開始する。

は注目するべきものです。
1,910kHzの免許を受けている場合は、現在は1,907.5~1,912.5kHzと
1,810~1,825kHzで動作することが許されていますが、
これの拡大の可能性が在るわけです。

« フランスが144MHz帯を航空移動業務に提案 | トップページ | JARL 大矢理事の理事会決議案の意味 »

アマチュア無線」カテゴリの記事