« 「周波数再編アクションプラン」の見直しに係る意見募集 | トップページ | JARL理事 JI1DWB 大矢 浩氏の理事会決議案の感想 »

2019年7月20日 (土)

JARL 大矢理事の理事会決議案の意味


JARL理事 大矢氏は総務省出身です。
(北海道総合通信局長等を歴任)

私見ですが、JARL理事を「髙尾会長派」「中立派」「反髙尾会長派」
に分けるとすると「中立派」です。

この大矢理事の決議案提案を「髙尾会長派」とされる理事が
どう判断するかは、極めて重要な結果をもたらします。
(先の社員総会で、有志21人の質問に答えなかった理事は、
有志の目線では「髙尾会長派」です。)

大矢理事の決議案を採用するか、黙殺するかは、
ある意味で、今後のJARL運営や、
来年の理事候補者と社員の選挙の立候補者にも
影響を与えるでしょう。

関連情報は下記(有志21人による情報)参照

https://jarl2020.wordpress.com/2019/07/20/%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e3%80%91%e5%a4%a7%e7%9f%a2%e7%90%86%e4%ba%8b%e3%81%8b%e3%82%89jarl%e7%90%86%e4%ba%8b%e4%bc%9a%e3%81%ab11%e5%80%8b%e3%81%ae%e6%b1%ba%e8%ad%b0%e6%a1%88%e3%81%8c%e6%8f%90/

« 「周波数再編アクションプラン」の見直しに係る意見募集 | トップページ | JARL理事 JI1DWB 大矢 浩氏の理事会決議案の感想 »

アマチュア無線」カテゴリの記事