« 社員総会 準備書面 提出しました。 | トップページ | 6月18日(火)22時22分頃、新潟県で最大震度6強 »

2019年6月14日 (金)

責任の存在

6月23日のJARL社員総会で、社員提案権行使書が提出されたのは先に書きました。
その行使書自体は「一般社団法人法」に基づくものです。

私が問題視するのは、以下の3点です。

1:発起人の17人以外の社員に送られてきた際の差し出し人は
  「JARLを愛する会」となっているが、会の代表者が誰なのか不明である。

  住所は西麻布。発起人17人のうちの一人と密接な住所です。
  とある会社が登記されていて、社長の名前が17名のなかの一人と
  同姓同名です。

2:後から公開された「社員宛カバーレター」の文責者が不明である。

3:社員提案が可決した際の策が見えない。
  誰を新会長にする予定なのか。どんな施策を執るのかが明記されていない。
  当然ながら、提案議案可決の際には、数年後にはアマチュア局大幅増、
  JARL会員大幅増でなければなりませんが、そのための具体策が書かれていません。

これでは責任の所在が不明ですね。
この状態では賛同するか否かは慎重な判断が必須です。

さらに、「JARLを愛する会」が理事に行ったアンケートでは、
6月13日現在で7名が回答しているけど、以下の点も私は重要視します。

4:「JARLが外部からどう思われているか」について、7人ともぼかしている点です。
  「どこから、どう見られているのか、団体名または個人名を明記し、
  対応策を理事として公言する」ことができていない

5:特に反髙尾会長派と思われる理事の回答では上記3について触れていない。  


と 「おまえならどうするよ」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうけど、
今までに無い手法(法に基づくもの)での現体制批判ですから、
「17人+4人(6月13日)の社員」と「回答済みの7人の理事のうち「反髙尾会長」の方」は、
相応の施策をお持ちでしょうから、ハッキリとまずは社員、そしてJARL会員、さらには
日本の全てのアマチュア局免許人が納得する対案が必須ですが、
それが見えない点は大問題だと思います。

社員有志からの質問書に対する理事各位のご回答状況をまとめました。
http://jarl2019.ichi-matsu.net/jarl%E7%90%86%E4%BA%8B%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%81%94%E5%9B%9E%E7%AD%94




« 社員総会 準備書面 提出しました。 | トップページ | 6月18日(火)22時22分頃、新潟県で最大震度6強 »

アマチュア無線」カテゴリの記事