« 2019年 JARL社員総会 準備書面 | トップページ | 総務省 免許情報検索サイトが新元号対応しています。 »

2019年4月30日 (火)

有効期限の換算法

アマチュア局に限らず、無線局免許状は有効期限が5年です。
(パーソナル無線は10年、義務船舶局と義務航空機局は無期限)

無線局免許状に記載された有効期限が平成32年以降の場合は
令和何年なのか換算する必要が在ります。

単純に

平成 m 年 を 令和 n 年 に換算するのは

m - 30 = n  (ただし m > 30)

平成31年 = 令和元年
平成32年 = 令和2年
平成33年 = 令和3年
平成34年 = 令和4年
平成35年 = 令和5年
平成36年 = 令和6年

となります。
昭和を平成に換算するのは

昭和 X 年 を 平成 Y 年として

X - 63 = Y (ただし X > 63)

ですから、平成と令和の換算は楽ですね。

再免許申請期限をまちがえないようにしましょう。

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL 東京都支部監査指導委員
JARL 関東地方本部区域社員
総務省 東京都電波適正利用推進員協議会 会長

 

« 2019年 JARL社員総会 準備書面 | トップページ | 総務省 免許情報検索サイトが新元号対応しています。 »

アマチュア無線」カテゴリの記事