« 2025年万博は大阪 | トップページ | 関東総合通信局管内で電波適正利用推進員の追加募集 »

2018年11月28日 (水)

狭帯域デジタルでの日本と小笠原諸島の交信の注意喚起です。

FT8で父島の局であるJD1BON、JD1BOI等の局をFT8でCallされる皆さんへお願いです。
(他の狭帯域デジタルでも同じです。QRGはJT65やJT9等に合わせて読み替えてください。)

小笠原諸島(JD1)と日本本土の40m FT8は7,041kHzHzのみです。
(7,030~7,045kHz、7,100~7,200kHzが可。ただしオフバンドしないこと)
7,074kHz(7,045~7,100kHz)は無線局運用規則第258条の2に基づく告示違反です。

同様に 80m FT8は 3,531kHzのみです。
(3,520~3,535kHz、3,599~3,612kHzが可。ただしオフバンドしないこと)
3,573kHz(3,535~3,575kHz)では上記同様に告示違反です。


DXCC上は日本本土と小笠原諸島はお互いに別エンティティですが、
どちらも日本の免許に基づくアマチュア局ですので、
「狭帯域データ通信は外国の局とのみ許容されている周波数帯
(3,535~3,575kHzと7,045~7,100kHz)」での

「日本本土同士」「日本本土対小笠原諸島」「小笠原諸島同士」は
無線局運用規則第258条の2に基づく告示違反です。

運用周波数には十分な注意をしてください。

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL 東京都支部監査指導委員
JARL 関東地方本部区域社員
総務省 東京都電波適正利用推進員協議会 会長

« 2025年万博は大阪 | トップページ | 関東総合通信局管内で電波適正利用推進員の追加募集 »

アマチュア無線」カテゴリの記事