« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月24日 (月)

青少年のための科学の祭典in小金井

昨日 23日は小金井市の東京学芸大学で
「青少年のための科学の祭典in小金井」が開催されました。

JARL東京都支部と東京都電波適正利用推進員協議会は
10年ほど前から出展しています。

今年は推進員側は例年通り

「(学研)電子ブロックで(AM)ワイヤレスマイクの組み立てをして、
AMラジオで自分の声を聞く」

という「電波利用機器の身近さ体感。


支部側は全国大会と同じく

アルミホイルと厚紙で作る地デジテレビ用3素子八木宇田アンテナ

で出展しました。
(近日中に支部のホームページでも紹介します)

電波関連であることなどから、例年S405室で同室にしていただいています。


八木宇田アンテナは、全国大会の時にも書きましたが、

波長(m) = 300/(周波数 MHz)

で暗算しやすいことと、地デジテレビの帯域のうち、
470~530MHzに特化して、中心周波数を500MHzにして、
さらに「短縮率」を考慮して出した各部の寸法から、

「無線工学の知識が無い小中学生でも容易に工作できる」

と言う観点と、試作とMMANAでのシミュレーション結果から

反射器を長さ28cm、放射器を長さ26cm、導波器を長さ24cm、
エレメント間隔を13cmにしたものです。

当然

「こんなスペックで動作するのでしょうか?」

という問い合わせがあることを想定しています。
MMANAでシミュレーションしたら、
利得が15dBi、 前後比が12dB 取れています。

昨日も何件かの質問をいただきましたが、印象に残ったのが、
アンテナ工学に詳しそうな大学教授クラスの方(他のブースの出展責任者)が興味を持ったようで、

「こんなスペックでも八木宇田アンテナとして動作するのですね」
と聞いてきたので、

「アンテナはアルミパイプで作る」を思いがちですけど、
「テレビ受像用であること、身近な材料で再現できること」に重点を置いて、
「「アルミホイルと紙」なら再現は容易である」に着目したことや、
配布している説明書に書いた寸法を決めた経緯や
シミュレーションで出た利得等を説明しました。


参考までに

中心周波数 500MHz 短縮率5% だと、
導波器の長さは28.5cmになりますが、
MMANAで解析したり、実際に作ってみた結果、上記の寸法になりました。

おまけがありまして、その教授クラスの方、

「若いころはアマチュア無線をやっていたんだよ。
「7シリーズ」のコールサインだった。
昔のコールサインで復活しようかな。」

とおっしゃるので「旧コールサイン取り戻し法」もご案内しました。


会場全体の来場は 9822名。
支部ブース、推進員ブースともに約90名の来場でした。
ご来場いただいたみなさん ありがとうございました。

2018年9月14日 (金)

Ham world Vol.12 61ページ 図の訂正

Ham world Vol.12 (今日発売)61ページ 図15に致命的ミスがあります。

6.25kHz ではなく 6.25Hzです。

元図はパワポで送ったのですが編集部で修正したとしか思えません。
筆者校正時に指摘したのですが修正されませんでした。

もうしわけありません。読み替えてください。

よろしくおねがいいたします。

#####
9月18日 21:30 追記

訂正が電波社ホームページに掲載されました。
http://www.rc-tech.co.jp/media/teiseizu.jpg

2018年9月 6日 (木)

平成30年北海道胆振東部地震 非常通信に備えてください

今朝 9月6日 03:07に北海道東部で最大震度6強の大地震が発生しました。

06:00現在、全北海道的に停電している(発電所が止まった)という情報が有ります。

携帯電話基地局、各電話局は 非常用バッテリーまたは非常用発電機の燃料が持つ間は使用可能ですが、
バッテリー切れや燃料切れが早いか発電送電復活が早いかがキーになります。

状況により 各アマチュアバンドで非常通信が実施される可能性があります。
各バンドの非常通信周波数には特に留意をお願いいたします。

2018年9月6日 06:15

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL 東京都支部監査指導委員
JARL 関東地方本部区域社員
総務省 東京都電波適正利用推進員協議会 会長

06:25 追記
一部の発電所は発電再開の情報が有ります。
(火力発電所再起動のための水力発電でした)

21:00 追記
気象庁が 本地震を「平成30年北海道胆振東部地震」と命名
したことから題名修正。

その後の報道で 最大震度は7と判明。

停電は順次回復中ですが、完全復旧には1週間ほどかかると報道有ります。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »