« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月30日 (月)

科学の祭典全国大会 雑感

28日は台風の影響で15:00で閉館しましたが、
29日は通常開館でした。

JARL東京都支部は
「アルミホイルと厚紙で作る地デジテレビアンテナ」
の工作を出展していました。

8年ほど前までは
「八木アンテナの指向性、電波の反射、遮断、通過を見てみよう」
という観察系。

それ以前は
「携帯電話用電波チェッカを作ろう」
(PDC方式携帯電話用市販アクセサリの「光るアンテナ」の光る部分)
という工作系でしたので、
久々の工作系です。


これは
「アル紙アンテナ@JAMSATで衛星ビーコンを受信しよう」
をヒントに、
地デジテレビ用3素子八木宇田アンテナの工作をするものです。

中心周波数は500MHzにして各部の寸法はcm単位に切り上げ、
さらにJO1LDY 黒木さんのアイデアで「型紙」を用意して、
「定規の目盛りの読み方を習っていないお子様」でも
対応できるようにしました。

2日間で170名近い方が工作に挑戦しました。
28日は65名でしたが、29日は100名ほどの方が挑戦です。

「こんなものでもテレビが映る」というお子様、保護者
「授業で再現実験したい」という理科教師

など反響が大きかったです。

これで「電波の面白さ」に気づいて、
アマチュア無線にも興味を持っていただく方が増えればと思います。


なお 公式の「実験解説集」に誤記がございます。

青少年のための科学の祭典全国大会 実験解説訂正
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-3693.html

を参照ください。

近日中に
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 東京都支部公式の
ホームページに、訂正後の政策手順書と完成品見本写真を掲載します。

支部公式ホームページはこちら
http://jarl-tokyo.org/wp2/

末筆ですが、
アル紙アンテナのアイデア借用をご快諾いただいた
JA1CPA 中村さんに御礼申し上げます。

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL 東京都支部監査指導委員

2018年7月28日 (土)

青少年のための科学の祭典全国大会 実験解説訂正

JARL東京都支部では、今日と明日、
九段下の科学技術館で開催の
「青少年のための科学の祭典全国大会」
に出展しています。

有料頒布している「実験解説集」に掲載の内容に訂正が有ります。
申し訳ございません。


50:アルミホイルと厚紙でテレビのアンテナを作ってみよう

【作り方】
(1) 厚紙を幅3cm、長さを24cm、26cm、28cmで1枚ずつ長方形に切ります。
(2) 3枚の長方形をアルミホイルで封筒のように包みます。
正;(3) 26cmのものは中心の2cmはアルミホイルを剥がします。
:(3) 24cmのものは中心の2cmはアルミホイルを剥がします。

(4) 3枚の長方形を幅の中心で山折りに曲げます。
(5) 厚紙で長さ60㎝、3cm角の棒を作ります。
(6) 図1のように(4)の中心を(5)の棒に取り付けます。輪ゴムでとめると良いです。
正:(7) 26cmのアルミホイルに同軸ケーブルの芯線と網線をホチキスでとめます。(図2)
:(7) 24cmのアルミホイルに同軸ケーブルの芯線と網線をホチキスでとめます。(図2)

(8) 棒に沿わせて同軸ケーブルを止め、反対側はFコネクタを取り付けてテレビの
  「地デジアンテナ」の端子につなぎます。

#####
作り方 (3)(7)の「24cm」は「26cm」が正しいです。
24cm、26cm、28cmの3本ある素子のうち中間の長さの26cmに
同軸ケーブルをつなぐのが正しいです。

近日中に JARL東京都支部公式ホームページに完成見本と
一緒に掲示予定です。

支部公式ホームページはこちら
http://jarl-tokyo.org/wp2/

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL 東京都支部監査指導委員


#####
平成30年8月11日追記
JARL東京都支部 公式行事報告はこちら。
http://jarl-tokyo.org/wp2/junior-newcomer/2018/08/08/2365/#more-2365

訂正版説明書のダウンロードはこちら。
http://jarl-tokyo.org/wp2/top-page/comm00-2/comm03/dtv-antenna/

2018年7月 9日 (月)

西日本豪雨と6Dコンテスト

西日本豪雨で被災された方にお見舞い申し上げます。
(主な被災地が西日本なので便宜的に西日本豪雨と
書かせていただきます。)

今年の6Dコンテストでは、家庭内マッチングの関係で
430MHz-FMで3QSO 6点になりました。

以下 今回のサマリーシートに記載した意見です。

背景として、数名の方から
「JARLはコンテスト中止を決定できないものか」
「JARLは非常通信周波数はクリアにしてコンテスト参加を
アナウンスできないか」
という意見を 4日からコンテスト開始前までにいただきました。

私見ですが、コンテスト愛好家の方には申し訳ないのですが、
今回は思い切って中止するべきだったのではないでしょうか。

なお 当面の間は各バンドの非常通信周波数の状況と被災地の
有線通信事情(携帯電話含む)への留意が必要と思います。

##### 提出意見ここから

東海、近畿、中国、四国、九州の各総合通信局管内は、
7月2日ごろからの豪雨で浸水や土砂崩れ被害に遭い、
コンテストどころではなかった方は少なくないはずです。

その方面の著名移動運用スポットも通行止め等で車では
行かれない方も多かったはずです。

そのような状況ですから、数名ですが

『JARLは遅くとも7月6日の昼頃までに「コンテスト中止」を
メールマガジンやホームページでアナウンスするべきだった
のではないか。』」

という意見を関東地方本部区域社員である私がいただきました。

その中には、とあるJARL登録クラブでは、主催コンテストを
「災害発生または特別警報が発令されたときは中止」
という規約にしているという参考意見が有りました。

つきましては、コンテスト規約に
「災害発生または特別警報が発令されたときは中止」の追記と
中止権限者(コンテスト委員長または理事のどなたかの権限で
いいと思います。)を
どなたにするか、検討していただけたら幸いです。

##### 提出意見ここまで

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL東京都支部監査指導委員
JARL関東地方本部区域社員
総務省 東京都電波適正利用協議会 会長

2018年7月 7日 (土)

西日本豪雨災害に対して非常通信に留意を

数日来の西日本の豪雨で、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

一部の地域で有線通信網(携帯電話含む)が不安定もしくは使えない状態になっている
ところがあるようです。
それに伴い非常通信の実施可能性が高いです。
各非常通信周波数は特に留意が必要です。



各総合通信局の対応を紹介します。

四国総合通信局
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/saigaitsushin/index.html

中国総合通信局
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/bousai/index.html

東海総合通信局
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/bousai/index.html

近畿総合通信局
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/safety/index.html

九州総合通信局
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/disaster-planning/disaster.html

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL東京都支部監査指導委員
JARL関東地方本部区域社員
総務省 東京都電波適正利用協議会 会長

2018年7月 1日 (日)

KH1/KH7Z ベーカー島 2018 DXペディション

KH1/KH7Z ベーカー島 2018 DXペディションでの注意事項です。

特にFT8で通信しようとする方は WSJT-X Ver1.9,1が必須で、
Houndモードに設定しないとなりません。

参考:ベーカー島 2018 DXペディション日本向け支援チーム日本語サイト
http://www.jouban.net/baker2018/

法令告示遵守は当然として、
上記サイトにアップされる情報にも留意していただければ幸いです。

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL東京都支部監査指導委員
JARL関東地方本部区域社員
総務省 東京都電波適正利用協議会 会長

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »