« 3.11 間もなく発災時刻 | トップページ | 2018 JARL 理事候補者 社員選挙 »

2018年3月30日 (金)

50MHz 狭帯域デジタル 今シーズンに向けて

50MHz帯の電波伝搬の特性と狭帯域デジタル通信との関連で、
新たな提案が出されています。

詳細は下記 JP1LRT 津久浦さんによる英文:
http://www.asahi-net.or.jp/~vj5y-tkur/6m/new_qrg.html

同 JP1LRT 津久浦さんのブログ:
大陸超え 6m FT8 周波数の進捗状況 その2
http://jp1lrt.asablo.jp/blog/2018/03/30/8815145

###以下 引用です。

ヨーロッパ方面とのネゴシエーションでは、大陸超えの周波数として 
50.323MHz
をという事になりそうです。
しかし一部の国ではこの周波数には出られない事もあり、
160m BANDの様なSPLIT運用も一部では必要かもしれません。

米国方面では 50.110MHzの様なDX Window として
50.303MHz
をという動きがありました。

双方の意見を現在は調整中ですが
50.303MHz for "all FT8 DX" and 50.323MHz for "intercontinental long  distance FT8 DX."

という事で落ち着きそうな感じです。
また今年も日本からの送信は昨年同様2nd   ODD  奇数でお願いいたします。

### 引用おわり

今までに無かった紳士協定ですが、やはり新技術、新通信方針に
合わせた新たな紳士協定は必要だと思います。

「アマチュアは進歩的であること」
「アマチュアは国際的であること」

ですね。

« 3.11 間もなく発災時刻 | トップページ | 2018 JARL 理事候補者 社員選挙 »

アマチュア無線」カテゴリの記事