« ねりままつり イベントエフエム終了 | トップページ | 電波適正利用推進員の追加募集 »

2017年10月21日 (土)

アマチュア局と旧スプリアス機

旧スプリアス基準機に関して。

単純に言えば、

「現在免許を受けている旧スプリアス機はJARDのスプリアス保証を受ける」

「旧スプリアス機を使った開局、変更はJARDの通常保証を受ける」

です。

以下 解説です。

1:現在の自分の局免の工事設計書に旧スプリアス機が有る場合。

その旧スプリアス機がJARDの「スプリアス保証可能リスト」に
載っている場合は、JARDのスプリアス確認保証を受ける必要が有ります。
期限は平成34年11月30日までですが、
現在の局免の有効期限を見て、次回の再免許の申請をする前に
済ませておきましょう。

例として、私の「移動する局」は平成33年11月、
「移動しない局」は平成34年5月が次の有効期限です。
今までの例では 移動する局は33年5月、移動しない局は33年11月に
再免許申請をしますので、移動する局は平成33年4月、
移動しない局は平成33年10月までにスプリアス保証を済ませれば
間に合います。

2:旧スプリアス機の技適機を単体で取替、増設する場合。

  平成29年11月30日までなら、総合通信局に直接申請(届)を
  出せますが、下記案内に従って10月末までにしたほうが良いです。

  平成29年12月1日以降は、
  「JARDの「スプリアス確認保証可能リスト」に載っている」なら、
  「JARDの通常保証」を受ければOKだそうです。

3:旧スプリアス機(技適、非技適関わらず)に付属装置を付けて
  取替、増設する場合。
  または旧スプリアスの非技適機を使う場合。

  「JARDの「スプリアス確認保証可能リスト」に載っている」なら、
  「JARDの通常保証」を受ければOKだそうです。
  

4:自作機の場合

  新スプリアス基準で保証を受ければOK.

1~4に関わらず、
きちんと較正されたスペクトラムアナライザーで測定した結果の
画面ハードコピーを添える方法もあります。


詳細は下記を参照してください。

スプリアス確認保証の案内
https://www.jard.or.jp/hosho/spurious/index.html

関東総合通信局
アマチュア局の旧スプリアス規格の機器での開設や変更は11月30日まで
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/info/29/1016r3.html

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL東京都支部監査指導委員
JARL関東地方本部区域社員
総務省 東京都電波適正利用推進員協議会 会長

« ねりままつり イベントエフエム終了 | トップページ | 電波適正利用推進員の追加募集 »

アマチュア無線」カテゴリの記事