« 授賞式おわって一息ついて。 | トップページ | 第6回社員総会 準備書面 提出完了 »

2017年6月 9日 (金)

総合通信局 報道資料の不法無線局の表現に変化が。

関東総合通信局 6月8日付 報道資料
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/29/0608k1.html

「免許を受けることができないCB無線機を設置し、不法無線局を開設した。」が2名。

「免許を受けずにアマチュア無線機を設置し、不法無線局を開設した。」が2名。

北海道総合通信局 6月6日付 報道資料
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2017/0606k.html

「札幌市在住の男性(40歳)が、ダンプカーに無線局の免許を受けずに
アマチュア無線用の無線設備を設置し、不法無線局を開設した。」

従来は「不法アマチュア局」「不法市民ラジオ」という表現でした。

かつて、
「電波適正利用推進員関連各種会議」
(全国会長連絡会、関東地区会長幹事連絡会、都道府県協議会会議)で、
私を含む若干名の「アマチュア局免許人でもある電波適正利用推進員」が

「不法三悪について、アマチュア局免許人の中には
「不法アマチュア局」という表現に抵抗を覚える方が多い。
文字数は多くなりますが、

『「不法アマチュア局」は
「アマチュア無線用無線機を使った不法無線局」

と表現を変えていただけないでしょうか。

「アマチュア無線用無線機を使った不法無線局」
という表現にすると、
「アマチュア無線機には免許が要る」を暗黙のうちに示していることと、
「電波法令に詳しくない方にとっては何が不法行為なのか」が理解しやすいと思います。

不法パーソナル無線、不法市民ラジオについても同様ですが
「市民ラジオ」については「CB」のほうが通じやすいと思います。』

と数年前に提言した覚えがあります。

JARLからも再三再四 同じ申し入れをしています。

それが反映されたのだと思います。
今後もこの表現が続くならありがたいです。

« 授賞式おわって一息ついて。 | トップページ | 第6回社員総会 準備書面 提出完了 »

アマチュア無線」カテゴリの記事