« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月25日 (火)

7,020kHz LSBの怪電波 南シナ海?

最近 夜になると聞こえてくる
7,020kHz LSB の怪電波。
 南シナ海の漁船?と眼を付けています。
 
複数名の協力で昨夜聞こえたフレーズは以下の通りです。
 
「どんがーらー どんがーらー」
「たんばい・たんばい・・・たんばいたーん」
「ぽーわ・ぽーわ・・・」
「ろんだー・ろんだー・・・・」
「ひゃーめー・ひゃーめー・・・」
「がーりん・がーりん・・・」
 
タガログ語、ベトナム語、マレー語、タイ語。私には特定できず。
どこの言語かご存じの方 コメントいただけると助かります。
皆さんの地元の監査指導委員にQSPいただいても構いません。

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL東京都支部 監査指導委員
JARL関東地方本部区域社員

私宛メールは「コールサイン@JARL.COM」でOKです。

2017年4月19日 (水)

5月6日(土) 8J1RL特別運用のお知らせ

【JA1RL特別公開運用参加者募集の概要】
•運用日時:2017年5月6日(土)17:00~18:00(JST)予定
(資料室入室可能時刻は16:00からとします)
•運用等の場所:東京都豊島区南大塚3-43-1 
一般社団法人日本アマチュア無線連盟6F資料室

参加希望者はリンク先を参照の上 お申し込みください。

ここ10年ほど支援スタッフとして入っている経験からですが、
例年だとJA1RL~8J1RLのパスが21MHzで開くのが
18:30前後のことが多いですので、
解散は19:30~20:00位になる可能性が有ります。

例年 ほぼ半月前にならないと実施を公表しないのは、
南極側の各種観測スケジュールとの調整があるためです。

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL東京都支部監査指導委員
JARL関東地方本部区域社員

http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2017/2017_news-4.htm#0419

2017年4月 7日 (金)

ドローン等に用いられる無線設備について

ドローン(FPV)を飛ばす場合は、その目的や性能によっては
無線局の免許が必要です。

総務省「ドローン等に用いられる無線設備について」
http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/drone/index.htm

具体例
1:趣味の範囲で飛ばす。
  使用するプロポには電波法令の技適マークが有り、
  さらに(一社)ラジコン電波安全協会の認定マークも有る。
  カメラ部分には電波法令の技適マークがある。

  WiFiを使ったものが該当するはず。
  この場合は無線局免許は不要。


2:プロポは1に該当するが、カメラ部分は技適マークが無い。
  カメラ部分はアマチュアバンド(5.8GHz帯)を使っている。

  この場合は、四アマ以上を取得の上、アマチュア局免許状に
  5.8GHz帯を追加しなければならない。
  一部のドローンメーカーは、送信機系統図やカメラの諸元等
  TSSまたはJARDの保証を受けるための資料を製品同梱して
  いる。

  もちろん商用では使えない。


3:商用で使う。出力も大きい。
  
  平成28年8月に制度が整備されました。
  第三級陸上特殊無線技士以上の資格が必要です。
  上記総務省の案内にある「携帯局」または「陸上移動局」
  に該当する機種があります。

  販売メーカー(販売店)の中には、「携帯局」または
  「陸上移動局」を申請するのを代行してくれるところが有る。

いずれにしても、メーカーがきちんと案内しているはずなので、
ご使用になる機種がどれに該当するかは、各メーカーに
お尋ねください。

« 2017年3月 | トップページ