« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

登山用ビーコン

登山用ビーコン。
那須での雪崩事故に関して、
「ビーコンを持っていなかった」という報道が有ります。
 
ちょっと調べてみると、457kHzの電波を使っているそうです。
 
遭難者を捜す方法は、さながら「フォックスハンティング」です。
信号強度、入感方向から位置を特定するのが基本だそうですが、
至近距離まで近づかないとならないようです。
 
問題なのはお値段です。
数万円(3万円台くらいから6万円近くまで)だそうです。
当然日本で使用するには、「技適」は必要でしょう。
 
ベルトで腰に付けるなどして、万一雪崩に巻き込まれたり
滑落したりしても、体から離れないことが要求されるのだそうで、
身につけると、ちょっと邪魔になるかもしれません。
 
アマチュア無線家やフリラ愛好家目線で言えば、
「腰にハンディ機をぶら下げる際にベルトフックでは無く、
相応のケースに入れて強固に固定し容易に脱落しない状態」
が要求されるようです。

比較的詳しく解説しているホームページは下記。
http://www.asahi-net.or.jp/~su7t-umhr/HOWTOdata/beacon1.htm

2017年3月19日 (日)

非常通信確保のためのガイド・マニュアル(平成29年3月発行)

総務省作製の
非常通信確保のためのガイド・マニュアル(平成29年3月発行)
です。

http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/hijyo/manual/manual/index.htm

アマチュア無線の活用に関して言及している部分が在ります。
日ごろの交信を通じての技術向上は欠かせません。


http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/hijyo/4.pdf
このPDFの46ページ
「平常時から使っていないシステムは、いざというときに活用できない」
は肝に銘じるべきだと思います。

CQ誌 2017年4月号 JT65運用ガイド中の記事

CQ誌 4月号のJT65ガイド内に3月号に続いて記事を書きました。
114ページからです。

4月号では、JT65/JT9等は「3kHzの帯域内に多数の局が出てくる」
という部分を、衛星通信での例になぞらえて
マナー向上を啓発する目的で執筆したものです。

なお、3月号で紹介した 1,838kHzや3,576kHzは、
以下の関東総合通信局の報道資料で「監視していますよ」と
公開されている情報を記事に入れました。

アマチュア局が動作することを許される周波数帯外の電波監視について
平成27年10月16日
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/info/27/1015uk.html

各総合通信局の報道資料は、JARLやhamlife.jpからもリンクを張ったり、
引用の形で紹介されていますが、約1年半前のものですので、CQ誌に再掲する形で
再周知をすることを意識しました。

4月号記事はJT65運用ガイドの中なので、JT65に特化していますが、
他のモードでも「電波発射前の十分な受信」と「通信に必要な最低限の送信電力」は基本だと思います。
伝搬状況、送受信アンテナのアンテナ効率などを踏まえて、
適正な運用をするのは言うまでもありません。

記事スペースの関係で今回も割愛しましたが、

(一社)日本アマチュア無線連盟 東京都支部監査指導委員
(一社)日本アマチュア無線連盟 関東地方本部区域社員
総務省 東京都電波適正利用推進員協議会 会長

という立場からの「公開助言」が3月号、4月号の記事です。

youtube JARL公式チャンネル

動画配信サイト youtube にJARL公式チャンネルがあります。

https://www.youtube.com/channel/UCl8owdSukbXlATaVNxSl4uw

公開開始は18日から。
現在は

試験編
https://www.youtube.com/watch?v=iPpGxR-dN3Q

運用編
https://www.youtube.com/watch?v=I-a9m-7hAMw

無線局訪問編
https://www.youtube.com/watch?v=KRE4eVRJqys

製作はJARLとJAIA,出演は以下の3人です。(敬称略)
(JH1CBX Masaco、JI1BTL 水田かおり、JI1NYO 松田百香)

2017年3月15日 (水)

総務省 試買テスト結果公表 平成29年3月15日

総務省 試買テスト結果 集計公表 平成29年3月15日
 
今回はFMトランスミッタ、ワイヤレスカメラ、FRS/GMRSが目立ちます。
「中華ハンディ」で有名な機種の海外仕様も有りますね。

電波利用ホームページ 試買テスト結果公表トップ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »