« CQ Ham radio 2017年3月号 | トップページ | 総務省 試買テスト結果公表 平成29年3月15日 »

2017年2月26日 (日)

平成28年度 早稲田大学文学部入試問題に CQ誌登場

間接的に知ったのですが、今年の早稲田大学 文学部の入試問題の大問2の「長文読解」の中に

「コスモポリタン的美徳を身につけたアマチュア無線家たることを確認するCQ ham radio」

とあります。

コスモポリタン:国際的。

アマチュアコードの「国際的で在ること」からですかね。

出題内容には絡んでいないようです。

問題紹介は下記。
http://nyushi.nikkei.co.jp/honshi/17/w01-31p.pdf

問題文章の筆者は「メディア文化論」では高名な河崎吉紀氏だそうです。

「コスモポリタン的美徳」には、外部から見ると、
以下のとおりのアマチュア無線への印象があるのでしょう。

1:「アマチュア無線」では、人種、国籍、性別、思想を超えた世界共通の趣味である。

2:短波帯は、周波数、季節、時刻により通信が可能な国と地域が変わることで「国境」を感じることができる。

3:VHF帯以上でも Es等での海外との交信は可能であるし、Wires系、D-star系を使用する場合は
  2のような状態は起きないが、D-starの「ゲート越え」場合は、どこからアクセスしているかを容易に知り得る。

から、

「アマチュア無線はコスモポリタンたるに相応しい方々が楽しむべきであり、
そのアマチュア無線家向けの雑誌のCQ Ham radio誌は
「自分がコスモポリタンであることを確認するためのメディアである」

ということなのでしょう。

現状を考えると、かなりアマチュア無線について美化されているように思えますが、
その美化された状況に近づけるようにしていきたいですね。

« CQ Ham radio 2017年3月号 | トップページ | 総務省 試買テスト結果公表 平成29年3月15日 »

アマチュア無線」カテゴリの記事