« インドネシア大地震 非常通信にご協力を | トップページ | パプアニューギニアで大地震発生 »

2016年12月11日 (日)

5MHz帯が国際割当に追加

平成28年12月8日に周波数割当計画の変更告示が公布されました。

それによれば、先に行われた
国際電気通信連合(ITU)2015 年世界無線通信会議(WRC-15)
(平成27 年(2015年)11 月2日から同年11 月27 日まで スイス国
ジュネーブにて開催)の審議結果を受けて、ITU 憲章及び条約に規定
する無線通信規則の一部改正が発効されることに伴い、

国際的な周波数割当で5,351.5kHz〜5,366.5kHzが二次業務として
アマチュアに割当になったことを、国内の計画表のうち「国際割当」に
反映するものが含まれています。但し国内割当はまだです。

国内割当のためには、少なくとも5,351.5kHz〜5,366.5kHzを使用している
他の業務が別の周波数にQSYすることが原則必須です。

しかし、国際的にもアマチュアは二次業務ですから、一次業務の
割当に対して、QSYを要請することはITU-RRでは明確に禁止していますし、
アマチュアは等価当方輻射電力が基本15ワット、(地域によっては20ワットや25ワット)
に制限されていることを踏まえれば、国内割当をアマチュア専用にすることは困難で、
一次業務の局とは、アマチュアは二次業務として共用になると思われます。

この告示改正のために行われたパブリックコメントの結果が12月8日に公表されています。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=145208809&Mode=2

3件のアマチュア無線家からの意見がありますが、
うち2件は「同時に国内割当も変更して欲しい」という趣旨が含まれています。

おそらく、この意見を出した方の目線では

『国内割当も変更すると同時に、
「アマチュア局が動作することを許される周波数帯」と
「アマチュア業務に使用する電波型式及び周波数の使用区別」の
両告示も同時改正でなければ賛成しなかった』

と思われますが、同時変更は今までのアマチュアバンド追加の
法令や告示変更手順を踏まえると無理です。
137kHz帯や472kHz帯が実際に使用できるようになるまでと同様の手順は必要です。

一見、どこも使っていないように見えても、「どこが使っているのか非公開の一次業務」が使っている場合は、
その一次業務にQSYをお願い(厳密なRR等の規定ではご法度ですが)してQSYしていただくのは、
割り当てが公開されている一次業務が存在する場合と比べると、より困難が伴います。

« インドネシア大地震 非常通信にご協力を | トップページ | パプアニューギニアで大地震発生 »

アマチュア無線」カテゴリの記事