« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

イタリアで大地震。念のため非常通信周波数に留意を。

【パリ時事】イタリア中部で30日午前7時40分
(日本時間午後3時40分)ごろ、
マグニチュード(M)6・6の強い地震があった。
被災地で一部の建物が倒壊。死者は報告されていないが、
数十人の負傷者が出ている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000057-jij-eurp

参考
2016年8月24日 (水) 当ブログ:

イタリア地震 M6.2  7,060kHz などIARU非常通信周波数に配慮を
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/7060khz-iaru-7e.html

 3,760kHz
 7,060kHz
14,300kHz
18,160kHz
21,360kHz

非常通信周波数資料http://www.iaru.org/uploads/1/3/0/7/13073366/emergencycenterofactivityfrequencies.pdf

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL東京都支部監査指導委員
JARL関東地方本部区域社員
東京都電波適正利用推進員協議会 会長

2016年10月26日 (水)

宜野湾市役所が、テレビ受信障害に関するアナウンス

10月25日付けで、沖縄県宜野湾市役所のホームページに
以下の案内が掲載されました。

####
平成28年12月15日(予定)より宜野湾市内において、
携帯電話の新しい電波の利用開始が予定されております。
これに伴い、旧型のアンテナ設備等を使用していると
テレビ映像の受信に影響が出るおそれがあります。

影響が出た場合は、一般社団法人700MHz(メガヘルツ)
利用推進協会が無償で回復作業を行いますので、
以下のコールセンターまでご連絡をお願いいたします。

http://www.city.ginowan.okinawa.jp/organization/soumusoumuka/terebijyusin.html

###########

これの原因は、アナログテレビ時代の51チャンネルから
62チャンネルが、700MHz台になりますが、ここは今では
携帯電話が使っています。

お使いのテレビブースタやテレビによっては、携帯電話基地局
からの電波で抑圧を受けたりして、テレビ受信に支障が出る
場合が有ります。

基本的に、地デジ対応テレビ等は、700MHz以上はカットする
LPF(フィルタ)が入っているはずですが、それでも影響が出る
場合が在ります。

参考
51ch C3F(映像)699.25MHz F3E(音声)703.75MHz
6MHz間隔で
62ch C3F(映像)765.25MHz F3E(音声)769.75MHz

同じ理由で、435MHz帯のアマチュアバンドや450MHz台の
タクシー無線局、450MHz台の簡易無線局が影響する場合も
有り得ます。

アナログ時代は

13ch C3F(映像)471.25MHz F3E(音声)475.75MHz

でしたから。

いずれの場合も、テレビアンテナメーカーから対応した
フィルタが発売されていますので、それをテレビやテレビ
ブースタのアンテナ端子に挿入するのが基本です。
ブースタの場合は、ゲイン調整も必要です。

2016年10月24日 (月)

言葉尻だけを捉えず、それに至る背景も報じるべきでは。

個人的見解です。 facebookに書いたものの一部改変です。

沖縄県での大阪から派遣された機動隊員の発言問題が問題視
されていますが、各種報道で使われている映像を見ると、

「どこを掴んでいるんだ? この土人が!」

と機動隊員は言っています。

しかも、「どこを掴んでいるのか」の部分は画面から外れている。

これは、状況的には、

言われた反対派の方は
機動隊員の制服の胸などを掴んでいた

わけです。

一般的には

「どこを掴んでいるんだ? このボケ!」

という言動が出ても仕方が無い状況です。

ということは、

街中で職務質問された際に、警察官の制服を掴む行為をすれば、
その時点で公務執行妨害で現行犯逮捕をされても仕方が無い状態と同じ状態です。

「ボケ」「土人」ともに、侮蔑的な意味もありますから、
公務中としては、ふさわしい発言とは言えませんが、
犯人を逮捕する際に、制圧目的で使われる場合も多々在るでしょう。

その他、

反対派の方々の機動隊員への暴力行為映像が各種動画サイト
でずいぶん出てきますが、それをマスコミは一切報じないのは
なぜですかね。

公平公正な報道の観点から言えば、
「土人」発言の際に、機動隊員の制服を掴んだ反対派や
各種動画サイトにある、機動隊員を殴打している者を突き止め、
その方々の主張(なぜ、殴打したのか、なぜ制服を掴んだのか)も、
可能なら画像や音声加工無しで報じなければ、公平性に欠けると思います。

「土人」発言部分だけを切り取って、発言に至る過程は一切無視
して偏向報道するマスコミ、
特に放送局は「公平公正な報道をする」という点で放送法違反
とされても仕方が無いでしょう。

2016年10月21日 (金)

鳥取大地震、非常通信に備えてください

平成28年10月21日 14:07に発生した鳥取大地震。
 
非常通信の実施に備えて、各バンドで
相応の配慮をお願いいたします。
 
de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL東京都支部監査指導委員
JARL関東地方本部区域社員
東京都電波適正利用推進員協議会 会長

####
中国地方のコミュニティFM局一覧です。

総務省 パブリックコメント 1280MHzレピータに関わります

総務省は、実用準天頂衛星システムの導入に向けて、
これらの無線局の技術基準に係る制度整備を図るため、
電波法関係省令等の改正案を作成しました。

つきましては、これらについて、平成28年9月28日(水)から
同年10月27日(木)までの間、意見を募集します。

(1) 電波法施行規則(昭和25年電波監理委員会規則第14号)の一部を
  改正する省令案

(2) 無線設備規則(昭和25年電波監理委員会規則第18号)の一部を
  改正する省令案

(3) 特定無線設備の技術基準適合証明等に関する規則
  (昭和56年郵政省令第37号)の一部を改正する省令案

(4) 新規制定告示(防災対策携帯移動衛星通信を行う携帯移動地球局の
  無線設備の技術的条件を定める件)

(5) 平成16年総務省告示第859号(無線局免許申請書等に添付する
  無線局事項書及び工事設計書の各欄に記載するためのコード表
  (無線局の目的  コード及び通信事項コードを除く。)を定める件)
  の一部を改正する告示案

(6) 平成16年総務省告示第860号(無線局免許申請書等に添付する
  無線局事項書の無線局の目的コードの欄及び通信事項コードの欄に
  記載するためのコード表を定める件)の一部を改正する告示案

(7) 平成17年総務省告示第1228号(宇宙無線通信を行う無線局の
  送信設備のスプリアス発射又は不要発射の強度の許容値を定める件)の
  一部を改正する告示案

(8) 電波法関係審査基準(平成13年総務省訓令第67号)の一部を改正する
  訓令案

##
アマチュア局に関係があるのは(8)で、1280MHz帯のレピータ局の
空中線電力を1ワット以下に制限するというものです。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban15_02000121.html

参考
準天頂衛星の技術条件
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban15_02000111.html

2016年10月19日 (水)

用語解説シリーズ 第79回 「放送事項」

無線局の免許状には「通信事項」が指定されます。
放送局として無線局の免許を受けると「通信事項」が
「放送事項」となります。

ここで、10月16日に私が送信機管理のための選任を受けた、
「JOYZ3AG-FM ねりままつりイベントエフエム」の放送事項は

【放送事項】 その他(有事の際の情報発信訓練に関する事項)

となっています。

この文面を真に受けると

無線局運用規則で定める無線通信用語や略語、
端的に言えば、和文通話表や欧文通話表を用いた情報伝達訓練

を想定する方は少なくないと思います。

しかし、実際に放送を受信した方は

「通常の放送と変わらないですね」

と思うでしょう。

実は 番組に出演したメインパーソナリティ、サブパーソナリティ、
そして練馬区 区長室広聴広報課の方々にとっても情報発信訓練
なのです。

実際の非常災害時では伝達する情報の種類は問えません。
優先度は問えます。

電波法第106条(虚偽の通報)、電波法第107条(反政府的)、
電波法第108条(わいせつな内容)、その他刑法等に抵触しうる
内容以外の情報を正確かつ快速に伝えることは
放送局の使命です。

その観点から言えば

「通常番組のスタイルで視聴者に情報を正しく伝える」

という番組も「情報発信訓練に含まれる」と言えるでしょう。

資格の重み、放送局の重み。

平成28年10月16日の備忘録。

05:00 起床

05:30 朝食

06:30 「としまえん」へ出発。

06:55 「としまえん」正門着。
    (一社)練馬放送の方から、
    「北側の出入り口からでないと入れない」
    と連絡を受けていましたが、当日スタッフ、としまえん自体の
    スタッフが正門から入っているので、混じって入門。

07:10 ブース着。
    豊島園駅側の正門から見ると、一番奥の、来場者用駐車場
    がブース位置なので、正門から10分ほどかかる。

    先に到着していた(一社)練馬放送の幹部にご挨拶。

    出展者証ホルダの裏に、一陸技の無線従事者免許証を
    畳んだ状態で格納。
    (「ちゃんと携帯していますよ」をマニア向けにアピールする対策です。
    私の免許証は平成9年に取得なので二つ折りの手帳型です)

07:20 練馬区役所から、送信機本体が搬入された。
    アンテナは既に仮設済み。
    トランクになっていて、前後の蓋を外し、電源ライン、
    放送卓からの音声ケーブル、アンテナへの同軸ケーブルの
    接続をして、セットアップ完了。

07:47 スイッチオン。 周波数設定、空中線電力設定が免許状
    どおりなのを確認。

07:51 試験電波モードのコンテンツ送出開始。

08:00 本放送プログラム開始 
     1時間毎にサブキャスターが交代する。
     一部の時間帯はメインキャスターも交代。
     10:00~15:00まで、45分から15分間は交通情報や
     練馬区からの広報番組。

15:50 まつり終了に合わせてグランドフィナーレ放送

16:00 まつり終了

16:02 送信機電源断。撤収開始

17:00 送信機を練馬区役所の車に積み込み。

17:15 帰宅開始。

18:00 帰宅

###

私の役目は、電波法令上は、送信機の異常有無監視と、
必要に応じて行う技術操作です。

今の送信機は、固体化、自動化しているので、
終段が真空管式の機器のプレートチューニング、ロードチューニング
などは不要なので、技術操作としては、実質電源オンオフのみ。
免許内容に合わせた周波数と空中線電力設定は、今回は
送信機納入メーカーが実施しました。

一般論で、放送局の送信機室や主調整室は最重要保安箇所と
して、出入りできる者を制限します。

今回は、可搬型の「災害時臨時FM放送機材」をテント内に持ち込み、
放送卓のミキサー、CDプレーヤや放送席もテント内ですので、
番組に応じて出演者が交代します。

その際、部外者がどさくさに紛れて入ってこないように監視するのも
私の役目と心得てテントにほぼ常駐していました。

さらには、
「放送内容が、電波法令や放送法令に明らかに抵触する場合、
特に電波法第106条~108条に抵触が明白な場合は、
いざとなったら送信機の電源を切るのも役務」と考えていました。 
(部外者が乱入して、スタッフからマイクを奪って・・・ という、
「日本の一番長い日」という映画に出てきた、玉音放送直前に
青年将校がしようとしたことを、放送技術者の女性が阻止した
シーンのような状況が発生したときの対処の想定です。)

放送局の技術操作、監視に関われることは、一陸技所持者として
は栄誉です。

「放送局の意義」を踏まえると「この日限りのイベント放送局であっても、
停波や番組中断があれば、「放送事故」として届け出なければなりません。

それを考えると、「一陸技の重み」と「放送局に選任される重み」を
実体験することができて、私自身にとっても勉強になりました。

来年以降も担当することになる予定です。


ちなみに、テントはこんな状態でした。



テント前端側机1       テント前端側机2
  放送席(椅子2脚)    私  ラジオ貸出受付
ミ   
キ     出演者控席、  


卓    各種放送機材     送信機
####################テント後端
土手側フェンス


参考までに、少々「電波適正利用推進員」としての相談助言も
行わさせて頂き、数件の助言を行いました。

末筆ながら、8時間限定生放送の各番組を聴取してくださった方、
私を選任してくださった練馬まつり推進協議会、(一社)練馬放送
など関係各位に厚く御礼申し上げます。

2016年10月13日 (木)

練馬まつりでイベントFM放送

練馬まつりイベントFMのおしらせ。
「練馬まつりイベントFM放送」
【日程】2016年10月16日(日)
【放送時間】8:00から16:00まで、8時間生放送
【電波型式 周波数】FM(F8E) 88.5MHz
【出力】 5W
【コールサイン】JOYZ3AG-FM
【演奏所・送信所】練馬区春日町一丁目・としまえん敷地内
          練馬まつり会場内特設ブース
【放送エリア】としまえん敷地内を中心として、練馬区春日町、
 向山、早宮、練馬、高松、貫井、中村北、豊玉北の各地域と
 その周辺
※ 上記のエリア内でも、受信環境や受信機の性能等により、
  受信できない場合がございます。予めご了承ください。
私は選任無線従事者(一陸技)としてブースに詰めています。
放送の邪魔にならない範囲でアイボール歓迎します。

受信報告書を郵送していただいた方にはベリカードを
発行するそうです。(下記URL参照)
http://nerimabroadcast.jp/news/2016_0025.html

####
10月16日 19:20 追記

無事 終わりました。

参考:
【免許人】 練馬まつり推進協議会 前川耀男

【無線局の種別】 基幹放送用 超短波放送 (臨時目的放送)

【放送事項】 その他(有事の際の情報発信訓練に関する事項)

【実効輻射電力】 1.3W

【呼出名称】 ねりままつりイベントエフエム

送信機とアンテナが100mほど離れていて、8D2Vで給電です。
送信空中線は3mh、

免許の日は平成28年10月14日。
有効期限は平成28年10月16日。

開設申請 > 予備免許 > 認定点検事業者による落成検査 > 本免許
と通常の手順です。

練馬区が昨年購入した「災害時臨時FM放送機材の動作確認と、
存在のPRを兼ねています。

サインオン 07:47
サインオフ 16:02

受信報告書は、上記案内により練馬放送まで郵送限定です。

来場、聴取ありがとうございました。
使用機材のメーカー公式案内はこちらです↓。
http://www.hitachi-kokusai.co.jp/hys/solution/fm/temporarily/index.html

CEPT資格を一アマと見なす告示改正案 パブコメ

平成5年郵政省告示第326号の一部を改正する告示案に係る意見募集

総務省は、アマチュア無線技士の相互承認の対象国として、
新たに欧州郵便電気通信主管庁会議勧告T/R61-02付録
第2号別表第1号に規定される国を追加するため、
関係告示の改正案を作成いたしました。

つましては、本改正案について、平成28年10月13日(木)から
平成28年11月11日(金)までの間、意見を募集します。

詳細
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000200.html

###
意見提出法の案内にある

radio_operator_atmark_soumu.go.jp

では宛先エラーになります。 (_atmark_ を @ に変更すること)

過去の同様パブコメでは

radio_operator_atmark_ml.soumu.go.jp  (_atmark_ を @ に変更すること)

が宛先です。(今回もそうなのか確認中)

2016年10月13日 21:30 追記
PDFファイル
http://www.soumu.go.jp/main_content/000443068.pdf
が修正されました。

radio_operator_atmark_ml.soumu.go.jp  (_atmark_ を @ に変更すること)

で正解です。

2016年10月11日 (火)

米南東部 ハリケーン被害への対応

>>(CNN) カリブ海から米南東部にかけての地域に甚大な
>>被害をもたらした大型ハリケーン「マシュー」は9日午後、
>>次第に勢力を弱めながらノースカロライナ州沖を東へ進んだ。
>>米国内の4州で死者少なくとも17人が報告されている。

現地での非常通信の可能性を否定できないですね。
備えておく(IARU提唱周波数付近では特に慎重に)
ことに越したことは無いでしょう。

de JO1EUJ 髙橋 俊光
JARL東京都支部監査指導委員
JARL関東地方本部区域社員
東京都電波適正利用推進員協議会 会長

http://www.cnn.co.jp/usa/35090270.html?tag=top%3BtopStories

2016年10月 3日 (月)

インドネシア洪水で非常通信

インドネシアの洪水で非常通信。
7,110kHzが使われている模様。

de JO1EUJ 髙橋 俊光

JARL東京都支部監査指導委員
JARL関東地方本部区域社員
東京都電波適正利用推進員協議会 会長

参考:
http://www.iaru-r1.org/index.php/emergency-communications/1618-indonesian-floods-get-hams-help-with-communications

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »