« コンテストに DVカテゴリ初設定 | トップページ | 役職の重み »

2016年7月 3日 (日)

JARL 社員総会に関する怪文書

JARL社員総会に関する怪葉書。
1;第1回社員総会前に、社員に送られてきた、
  札幌郵便局の消印のハガキ。
  「当時の8エリア理事候補者を否認しろ」とあった。
2:昨年の第2号議案にまつわる、
  6月26日までが任期だった関西の支部長全員と
  地方本部社員のうち、
  JH3QNH 山下氏、JA5WPP 山口氏以外の9人の
  コールサインと、関西地方本部役員のJA3QOS、
  JH3CCTの
コールサインで連名のハガキ。
  内容は、明らかに「第2号議案は否認に投票しろ」
  というもの。
他にもあるようだけど。(今年も出回ったらしい)

社員に意見を出してくださる場合は、
アマチュア無線家らしく、正々堂々と、1は差出人、
2は文責者が誰なのかを名乗れないものなのかと思います。
「諸般の事情により名乗れない」と言う場合は考慮するけど、
それは「裁判員裁判」の「裁判員の身元秘匿」に準じて
考えるべきではないかと思います。

「アマチュア無線の将来、JARLの将来を真剣に考えている」なら、
1は差出人、2は文責者が誰なのか、明記できないのは変です。


独自調査で、1,2ともにかなりな確度で誰が差出人
または文責者なのかは分かりましたけどね。
怪文書も、誰に送ったか送らなかったかとか、
送る相手によって文面を変えてきたなどもあるようですね。
そんな怪文書に左右されないで、適格な判断をしていきた
いと思います。

« コンテストに DVカテゴリ初設定 | トップページ | 役職の重み »

アマチュア無線」カテゴリの記事