« 児童憲章 | トップページ | 熊本・大分地震に関する特例措置 無線関連 »

2016年5月 6日 (金)

2年ぶりの こどもの日 JA1RL対8J1RL交信

支援スタッフの1人として行ってきました。

事前申し込みは一昨年を上回る9名。
うち実際に来局しトライした方は7名。
当日エントリーは1名で,結果としては計8人がトライ。
(四アマが3人、三アマが5人でした。)

伝搬状態があまり芳しくないため(JA1RL側のノイズレベルが高い)

JA1RLからは21MHzで送信、14MHzを受信
(当然 四アマは10ワット機、三アマは50ワット機)
8J1RLからは14MHzで送信、21MHzを受信

というクロスバンドで開始したのですが
(使用したIC7000M(三アマ用50W)とIC7000S(四アマ用10W)の
クロスバンド設定は私(一アマ)が行いました)
最初は四アマの子3人が順番に挑戦したのですが、
2人目まではなんとか信号強度交換までできたのですが、
3人目からがNGでノイズに埋もれてしまいます。
慣れているはずの支援スタッフの誰も聞き取れません。
4人目からは三アマの50ワット機に切り替えても同じです。
全員に呼びかけだけは行っていただいたのですが。

なお 8J1RLでは 8J1RLの設備でも業務用通信設備でも
10ワットでの送信でも受信できていたというレポートを頂いています。

ワッチしていた国内各局からは JA7YCQでは
JA1RLも8J1RLも聞こえていたというレポートがあります。

他には少なくとも
広島市こども文化科学館 JH4YIL
日赤宮崎アマチュア無線クラブ JA6YRG
関ハム記念局 8J3A
も挑戦していたようですが、どうだったのかが気になります。

詳細は JARLメルマガ、hamlife.jpなどで報じられるはずです。

16:30ごろから17:45まで、大塚駅とJARLの中間点で
スタッフ名札を付けて案内役で立っていたのは私です。
少し反省するとしたら

「JARL この先 1階がファミリーマートのビル」
という案内板を作って立てば良かった。

というのは、私に気付いた方、明らかにそれと判る私が気付いた方
にはJARLの場所をご案内できたが、
し損ねた方(無事到着されていましたが)が若干いらしたことからです。

あらためて、
伝搬状況だけは「自然のなせる技」ですので、どうにもなりません。
都市ノイズ対策は、工夫しだいで改善できるものとダメなものが
あることと、一昨年は21MHz 2WAYでできていることを思えば、
今回は悔しい結果でした。

子ども優先に協力いただきありがとうございました。


5月6日 19:15追記
JARL公式アナウンス
http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2016/2016_news-5.htm#0506

クロスバンド交信について。

JA1RLは社団局の扱いです。
今回のケースでは二アマ以上の運営スタッフがクロスバンド設定
を行い、三,四アマの参加児童が14MHzで送信してしまうことが
ないように二アマ以上の運営スタッフが常時監視することで、
今回のJA1RLからは21MHzで送信、8J1RLからの14MHzを受信、
8J1RL側が二アマ以上の観測隊員で、14MHzで送信、21MHzを
受信という形態は電波法施行令の操作範囲の観点で問題は
在りません。

« 児童憲章 | トップページ | 熊本・大分地震に関する特例措置 無線関連 »

アマチュア無線」カテゴリの記事