« 第3合同庁舎(関東総通)に行ってきました。 | トップページ | 短波帯に関する80条報告は三浦宛に。 »

2016年4月10日 (日)

「電波適正利用特別推進員」とは そして組織名誤記について

平成27年1月30日付 関東総合通信局報道資料
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/0130k1.html


<「電波適正利用特別推進員」による調査で>
関東総通、東京都・国道6号線において不法無線局を
開設した2名を地元警察署へ告発を報じるhamlife.jp
http://www.hamlife.jp/2015/01/30/huhou-musenkyoku-torishimari-188/

関東局の報道資料から。

※ 電波適正利用特別推進員とは、電波の適正な利用に
   反する行為を未然に防止し、電波利用環境の維持・
   改善のために必要な現地調査、確認作業等を行うため、
   当局から委嘱された地域社会に密着した
   民間ボランティアです。

####
電波適正利用特別推進員になるための条件は
以下の通りと聞いています。

1:現に電波適正利用推進員であること。

2:アマチュア局の免許を受けており、かつ5年以上の運用経験
  があること。
  
3:所定の研修をうけたあと、選考を通過すること。

職務の一つは、総通職員だけでは困難な地域密着の不法局の
実地調査で、居住地域周辺で、土地勘があり、地の利が有る点を
生かした調査が主で、事前に総合通信局から依頼された内容に限られます。

アマチュアバンド内の不法局、違法局の実態調査に備えて
幅広い周波数帯と電波型式の免許を受けていることが望ましいようです。

また、JARLの各支部役員等で
「特別電波適正利用推進委員」
「電波適正利用特別推進委員」
というメールのフッターの方が時々居ますが、正しくは
「電波適正利用特別推進員」です。

同様に一部のJARL支部のホームページや一部の方の
メールでみかける
「電波適正利用推進委員会」
「電波適正利用推進委員」
も正しくは
「電波適正利用推進員」
です。

コールサインを間違えられると怒る方は少なくないはず。
しからば、ご自身に関係する組織名の誤記も留意するのは
言うまでも無いでしょう。

« 第3合同庁舎(関東総通)に行ってきました。 | トップページ | 短波帯に関する80条報告は三浦宛に。 »

アマチュア無線」カテゴリの記事