« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月25日 (金)

青少年対策には保護者対策が必要な場合も。

「青少年人口をいかに増やすか」についての考察です。

日本のアマチュア無線家の平均年齢は、かなりなモノだそうです。
特にJARL正員の平均年齢が顕著です。

若年層、特に大学生以下のJARL入会者を増やすには、
大学生以下の有資格者をいかに増やすか?が課題です。

青少年への啓蒙をするにあたって、気をつけるべきことがいくつかあります。

その一つは、お子様に免許を取らせようと奮闘する、又は取らせたあとに
「子どもが楽しむ ため」として、ご意見をくださる保護者対策です。

ここで参考になるのが、保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校等で、
もう何年も前から問題になっている
「熱心さのあまり、ご意見をくださる保護者」 への対策です。

たとえば、

「お遊戯で、劇をやるときは、我が子を主役にしてください」
「集合写真では、我が子は必ず真ん中にしてください」
「運動会では、我が子は「かけっこ」が苦手だから免除してください」

などの無理難題な要求をする方がいらっしゃるのだそうです。

これを、アマチュア無線関連活動に置き換えてみましょう。

(1) 各支部、各クラブで、ラジオ工作教室をする場合。
(2) 記念局(特別記念局)を運用する場合。

について考えます。

(1) の場合は、基本的に事前申し込み制です。
事前予約制のみの場合、勝手に「当日枠があるはず」と思い込んで、
当日になって会場に いきなりいらっしゃる場合が有ります。

(2) の場合も、ハムフェアの8J1Aの場合は入場待機列とは別の場所に
並んで、並んだ順に希望する周波数帯と時間枠を取ります。

各行事で運用する記念局(特別記念局)の場合は、事前申し込み
だったり 当日いきなり行っても空きがあれば順次だったりします。

こどもの日のJA1RLと8J1RLとの交信イベントは、電波伝搬特性から、
終了が20時 近くになることと、大塚移転後は巣鴨より手狭なので
事前申し込み制になるようです。

これらにおいて、「熱心さのあまりに起きること」を考察します。

(1) の場合は、事前申し込み方法が判りにくいなどとクレームを付け、
「当日枠もあるだろう」と執拗に行事役員に迫る方が出てくる可能性が
有ります。
この場合、「やってはいけない応対」は 「特別に、予備キットを提供します」
として参加を認めてしまう(有料頒布なら 実費を徴収する)ことです。


(2) の場合は「運用希望者の受付方法が判りにくい」と執拗に迫る方が
出てくる 可能性が有ります。
この場合にやってはいけないことは、 「空き枠が無い場合」に既に運用
申込をした方に頼み込んで交代して貰ったり、VIP用枠を使うなどで
「並んだけど、希望枠が空いていなかったから運用を断念した方 から
クレームが来る措置」です。
長年に渡る、その記念局の運用ルールをねじ曲げることは
あってはならないのです。


一度でも「今回は特別に」と特例を認めてしまうと、
「あのときはOKだっただろ!」と、余計に迫られます。


保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校の場合は、
自分の意見が通らないと、学校だけでは無く、教職員の自宅にも
電話攻勢をする方が 居ると聞きます。

アマチュア無線の場合は、どうなるか。
支部役員、地方本部役員、JARL理事の自宅や職場に電話攻勢をする
方が出てくる 可能性が有ります。
JARL事務局や総務省に電話攻勢する場合も有るようです。

そういう「熱心さのあまりにご意見をくださる保護者」の対策を適切に
行えるような 体制も必要でしょう。

2016年3月21日 (月)

2020東京五輪に向けて。

2020年には東京五輪が開催されます。
当然、アマチュア無線では「8J1IOC」や「8J1JOC」(いずれも推定)の
特別記念局を開設して運用することになるでしょう。
これで、今から準備しなければならないことがいくつか在ります。

1:シャックをどこに設置するかをJOCと協議する。
  選手村の中なのかメディアセンターの中なのかなどなど。

2:資格問題。
  いわゆる「相互運用協定」では
  「外国のアマチュア無線技士の資格、操作の範囲、操作を行おうとする場合の条件」
  (総務省告示 第397号)にある、

  (1) アメリカ合衆国
  (2) ドイツ連邦共和国
  (3) カナダ
  (4) オーストラリア
  (5) フランス共和国
  (6) 大韓民国
  (7) フィンランド共和国
  (8) アイルランド
  (9) ペルー共和国
  (10)ニュージーランド
  (11)インドネシア共和国

  が現状です。
  
    が現状です。
  この告示に無い国の選手、五輪組織委員会関係者、および観戦ツアー客が、
  上記の特別記念局の設置場所を訪問し、本国政府のアマチュア局免許を提示して
  「運用させてください」と申し出た場合の扱いをどうするのか、総務省と折衝する。

  これに関しては、昨年7月末から8月上旬に開催された
  「第23回世界スカウトジャンボリー」で開設された「8J23WSJ」限定の許可が
  最近の参考例です。

参考
官報告示を報じるhamlife.jpの記事
http://www.hamlife.jp/2015/04/15/kanpo-kokuji-jamboree/

8J23WSJを管轄する中国総通の報道資料
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2015/01sotsu08_01000425.html

3:管理体制
  たとえば2020年1月から、パラリンピック終了まで運用するとなると、管理運営
  チームも相応の体制が必須です。
  関東では「つくば万博(8J1XPO)」「横浜博(8J1YES)、多摩都市博覧会(8J1TAM)」が
  ロングラン運用された特別記念局(記念局)ですが、これらの管理体制以上の体制が
  必要だと思います。

「まだ4年あるさ」ではなく、今から準備するべきだと思います。
JARL理事のどなたかを委員長にして、JARL国際課や海外のアマチュア無線資格事情に
詳しい方を交えて、将来的には上記告示に掲載される国をもっと増やすことも視野に
するべきでしょう。

懇意にしている理事と東京都支部長には提案したところです。

旧スプリアス基準機

昨日のJARL東京都市部大会の来賓の一人の
一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会 専務理事 坂本純一氏の
挨拶にあった「旧スプリアス機の実態調査」について。

坂本専務理事の挨拶時は室外の受付に居たので聞いて
いなかったのですが、合間に少しお話しいただいた中では

1: 理想は全ての旧型機使用局を訪問し、旧型機の全部を調査する
   ことだけど、総通職員や登録点検事業者の手間や、検査を受ける
   側の都合を考えると非現実的。

2: アマチュア機の保証制度やJARDの技適機関としての実績を踏まえ、
   旧型機を経年変化込みでサンプリング調査し、新基準を満たしている
   機種は、旧型機専用の保証制度を設けたい。
   (総務省も、アマチュア局の実態に合わせた方策を検討中)

3: 品質保証時のサンプリング調査を参考にして、各機種毎に
   相応のサンプル数を集める必要が有るので、今はそのデータを
   集めている。

ということだそうです。

2016年3月19日 (土)

JA1AMH 高田継男氏 SK

hamlife.jpが報じたところによれば、

>>2016年3月18日、親交があった関係者のもとへ
>>高田氏のご家族から挨拶状が届き、2月6日に81歳で
>>永眠されたことが判明した。
>>なお文面には「故人の遺志により、通夜および葬儀につきましては、
>>近親者のみで執り行いました。
>>なお香典、ご供物等の儀は固くご辞退しておりますので、ご理解の
>>ほど、宜しくお願いいたします」と記されている。

http://www.hamlife.jp/2016/03/18/ja1amh-sk/


JARL東京都支部では、
九段下の科学技術館サイエンスクラブに協力して、
ミズホ通信製ICラジオキットを使った「ラジオ工作教室」で
キットの提供を受けておりました。

時には高田社長自らも科学技術館においでになり、
自ら工作指導をされたことがあります。

たいへんお世話になりました。

御冥福をお祈り申し上げます。

2016年3月16日 (水)

総務省 試買テスト 3月16日付 発表

3月16日付け資料更新です。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban17_02000020.html

いくつか実測データ詳細を貼っておきます。

オーダーコール
http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/monitoring/illegal/result/27-164.pdf
これの類似品を使っている飲食店が有りますね。

T-388 トランシーバー これはFRS/GMRSです。
http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/monitoring/illegal/result/27-145.pdf

2016年3月11日 (金)

3.11に際して、 アマチュア無線と非常通信について

「3.11」に際して、
改めて、JARL作製のマニュアルをじっくり読んでみる。
良くできているマニュアルです。

http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/2-4_Hijou/index-manual.htm


こちらも参考に。 総務省の記事です。
http://www.tele.soumu.go.jp/j/ref/material/amahijyo/index.htm

2016年3月 8日 (火)

各総合通信局のホームページ経由での申告先

下記URLからどうぞ。

関東:
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/opinions.html

東海:
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/opinions.html

近畿:
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/opinions.html

中国:
https://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/opinions.html

四国:
https://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/opinions.html

九州:
https://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/opinions.html

沖縄:
https://www.soumu.go.jp/soutsu/okinawa/opinions.html

東北:
https://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/musen_sodan.html

北海道:
https://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/opinions.html

北陸:
https://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/opinions.html

信越:
https://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/opinions.html

2016年3月 1日 (火)

用語解説シリーズ 78回目 狭帯域デジタルをスピーカとマイク経由では

頭の体操です。

1:FM送信機のマイク端子に低周波発振器の出力を直結して
  低周波発振器の出力をモールス符号に従って断続して送信
  すると、電波型式はF2A になる。   
  同様にAM(A3E)送信機ならばA2A,SSB(J3E)送信機ならA1Aになる。

2:低周波発振器の出力をスピーカに繋いで、スピーカから音を出して
  (音はモールス符号になるようにする)、FM送信機のマイクロフォン
  で音を拾って送信すると電波型式はF2A ではない。
  (同様にAM送信機ではA2Aではないし、SSB送信機ならA1Aではない)

3:2の場合でも四アマ(相当資格含む)の方が、モールス符号の送信練習
  には使えない。

こう豪語する方に対して、

パソコンのスピーカから、各種狭帯域デジタル通信ソフトを使用して 音を
出し、その音をマイクで拾えば、F3E 送信機の場合はF2D 、 SSB 送信機
の場合はF1D などの変更申請は不要でしょうか?

と質問すると「自分には判らない」という趣旨の回答をするのだそうです。

1は正解です。送信されるスペクトルを診れば明白です。

2に関して言えば、「モールス符号」という「符号」をマイクロホンを通して
送信している間は電波法第2条第2号により「無線電信」ですから、
FM送信機ではF2A になるのは明白です。

3に関しては、四アマはモールス符号を使う通信操作はできませんから
当然です。

これからすれば、スピーカとマイクを使って狭帯機デジタルの符号を
送信する場合でもFM送信機ならばF2D,(RTTYはF2B)、
SSB 送信機ならF1D (RTTYはF1B)になるのは明白です。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »