« 2月25日に青梅市で電波検問 | トップページ | 用語解説シリーズ 78回目 狭帯域デジタルをスピーカとマイク経由では »

2016年2月28日 (日)

三陸特の講習会が盛況な模様

先週、20日に(公財)日本無線協会に行ったときのこと。
(この日は当日申込、当日合否発表の三,四アマ試験日)

午前試験と午後試験の合間に日無協の方にお伺いした話では、
日無協が行う三陸特(第三級陸上特殊無線技士)の講習会が
大盛況で、定員を超える申し込みが続いているのだそうです。
他の三陸特の講習会を実施している団体の状況も、ほぼ同様で、
かなり早い時期に定員が埋まる場合が有るのだそうです。

無線従事者規則で定められた講習時間は

無線工学 2時間以上
法規    4時間以上

と、三アマ短縮コースと同じで、1日で修了試験までできるのです。

盛況の背景としては、

スカイレジャー用無線のように、三陸特以上が必須の簡易無線を使う。

まだ検討段階だけど、ドローンの操作に必要となることを見越している。

が最近の動向として考えられます。

単純に言えば、

1:アマチュア無線でやると、アマチュア業務外だとして目的外通信に
  問われる可能性が高い用途で使いたいから、三陸特を取って、
  三陸特で使用できる簡易無線機を使う。

2:特小だと通達距離が不足する。

3:デジ簡だと通達距離は問題無いが、デジ簡以外の簡易業務無線機を
  使えるようにしておきたい

こんなところが理由のようです。

上記のような理由で急増する三陸特受講者、受験者は、
誘い方を工夫すれば、アマチュア無線に入ってくる方は少なくないと
思います。

問題は、誘い方や、長続きする環境作りでしょうか。
実例は割愛しますが、各局が挙げる「悪しき慣習」の撲滅や
不法局対策は代表例でしょう。

de JO1EUJ

.  

« 2月25日に青梅市で電波検問 | トップページ | 用語解説シリーズ 78回目 狭帯域デジタルをスピーカとマイク経由では »

アマチュア無線」カテゴリの記事