« FM補完放送 免許情報 | トップページ | 2016年 JARL社員選挙 立候補しました »

2016年2月 6日 (土)

台湾南部地震に伴う非常通信の可能性に関して

台湾南部地震に関して、非常通信に備えてください。

台湾南部でM6.4の地震、複数の建物倒壊
TBS系(JNN) 2月6日(土)7時19分配信

日本時間の6日午前5時ごろ、台湾南部でマグニチュード6.4の地震が
起き、 複数の建物が倒壊するなど大きな被害が出ている模様です。
台湾の中央気象局によりますと、日本時間の6日午前4時57分、
高雄市を震源とするマグニチュード6.4の地震が起きました。

被害状況は明らかになっていませんが、現地メディアの映像からは、
建物が倒壊し、 がれきの中から住民が助け出される様子などが確認
できます。

ロイター通信は、17階建ての建物が倒壊し、少なくとも123人が救出
されたと 伝えています。
現在、消防や警察が現場で状況の把握など対応にあたっています。
(06日08:42).

引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160206-00000020-jnn-int

これに伴い、特にIARU Reg3が制定したHF帯の非常通信周波数は
現地で非常通信が行われているかどうか厳重なな注意が必要です。

電波法令上も国際電気通信連合憲章付属無線通信規則上も 非常通信が
行われている可能性が有る場合には適切な 配慮(非常通信に優先権が
ある)を求められています。

3600kHz (All Modes ±5kHz),
7110kHz (All Modes ±5kHz),
14300kHz (All Modes ±5kHz),
18160kHz (All Modes ±5kHz),
21360kHz (All Modes ±5kHz)

上記周波数のソースはIARLの以下のURLです。
PDFの81ページ参照
http://www.iaru.org/uploads/1/3/0/7/13073366/emcomm_guide_1jan2015.pdf

平成28年11月13日追記 上記PDFの最新版は下記URL
http://www.iaru.org/uploads/1/3/0/7/13073366/emcommguide_1sept2016.pdf


IARUのホームページからダウンロ-ドできる資料で
http://iaru-r3.org/documents/
の March 16, 2013 Region 3 - Band Plan 160.5 KiBのPDFの
「Co A」の周波数が判りやすいです。
http://iaru-r3.org/?dl_id=1
から直接DLできます。

本記事の引用、転載に関して、本ブログ記事を引用元としてください。
引用、転載に関しては、可能ならば引用転載先を連絡頂ければ、
許諾依頼は不要といたします。


de JO1EUJ 高橋 俊光
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 東京都支部 監査指導委員
総務省 東京都電波適正利用推進員協議会 会長

追加情報
2016年02月06日12:25

現地では、7060kHz±5kHzを使用しているとの情報が有ります。

補記 2月6日 19:40
何カ所かから引用連絡を頂きました。
情報伝達にご協力ありがとうございます

なお 高橋の「高」は本来は「はしご高」ですが、環境により正常に
表示できないため、「くち高」でも構いません。

上記 7060kHz追記は外出先から「はしご高」が使えない端末で
編集したため、数時間ほど署名が中途半端でしたが、引用に際して
補記して頂いたことに感謝します。

2月7日 16:30
Twitterで頂いた情報です。   

IARU議長VK3PC局によれば台湾のアマチュア無線連盟から
次の周波数を空けるように要請する通信があったそうです。

Main 7.060MHz Bkup 7.050/3.560MHz

参考:
http://forums.qrz.com/index.php?threads/earthquake-in-taiwan.510617/

« FM補完放送 免許情報 | トップページ | 2016年 JARL社員選挙 立候補しました »

アマチュア無線」カテゴリの記事