« 産経新聞 12月17日付 「衝撃事件の核心」にある不法無線の表現の是非 | トップページ | 関東総合通信局の12月25日付け報道資料から »

2015年12月22日 (火)

用語解説シリーズ 76回目 「他国との通信」

近々、「P5/3Z9DX」がオンエアするという。
「P5」といえば、北朝鮮、朝鮮人民民主主義共和国です。

昭和33年郵政省告示1198号

最終改正 平成14年 総務省告示479号の
「他国とのアマチュア通信を禁止または制限している国」に
北朝鮮は載っています。

これは、

「日本が禁止しているのではない」のです。
「北朝鮮が禁止していることを知らせる」告示です。

当然、ITUの規定に従い、北朝鮮の主管庁(日本で言う総務省)
からITUに通告しなければなりません。


ここで、今回のペディションについては

「P5/3Z9DXは他国のアマチュア局との通信を許可する」
ということを北朝鮮の主管庁がITUに通告していればいいのです。

日本のこの告示改正はペディションには間に合いませんがね。

« 産経新聞 12月17日付 「衝撃事件の核心」にある不法無線の表現の是非 | トップページ | 関東総合通信局の12月25日付け報道資料から »

アマチュア無線」カテゴリの記事