« 用語解説シリーズ 74回目 「(ラジオ)ダクト」 | トップページ | 用語解説シリーズ 75回目 「免許状と免許証票の扱い 法規定と現場の運用」 »

2015年10月21日 (水)

関東総合通信局報道資料 重要無線通信妨害

総務省関東総合通信局(局長 山田 俊之)は、平成27年10月7日
(水曜日)、埼玉県比企郡鳩山町内において、埼玉県警察本部生活
安全部生活経済課及び西入間警察署と共同で不法無線局等の
取締りを実施しました。

本件は、航空業務用無線局(飛行場管制用)に対する重要無線通信
妨害の申告があり探査した結果、運転する車両に不法無線局及び
違法無線局を開設・運用していた下記の3名を電波法第4条及び
同法第53条の違反容疑で摘発しました。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/1020k2.html

担当は関東の監視第二課ですので、冒頭にもあるとおり
「重要無線通信妨害」となり、電波法第108条の2が適用される可能性
(条文に航空関連は明記していませんが)が有ります。

« 用語解説シリーズ 74回目 「(ラジオ)ダクト」 | トップページ | 用語解説シリーズ 75回目 「免許状と免許証票の扱い 法規定と現場の運用」 »

アマチュア無線」カテゴリの記事