« まもなく パーソナル無縁廃止日。でも例外条件あります。 | トップページ | 短波帯でのJT系等狭帯域デジタルに注意 »

2015年10月15日 (木)

総務省 試買テスト結果公表 10月14日版

総務省では、平成25年度から、発射する電波が電波法(昭和25年
法律第131号)に定める「著しく微弱」の基準内にあるとして販売され
ている無線設備を市場から購入し、その電波の強さの測定を行う取組
(無線設備試買テスト)を毎年度実施しています。

今般、平成27年度無線設備試買テストの中間結果を公表しましたので
お知らせします。
 公表と併せて、当該設備の製造業者等に対し、改善等を要請すると
ともに、最終報告に向けて、分析等を進めていきます。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban17_02000016.html

公表リスト(PDF)

http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/monitoring/illegal/result/siryo003.pdf


「27-53:UV-5R」と「27-52:BF-888S」はBAOFENG製の
同型機種をハムフェアやヤフオク、楽天オク、アマゾンなどで
見かけます。いわゆる「中華ハンディ」の一種です。
「アマチュアバンド限定化」してTSS/JARDの保証を受ければ、
アマチュア局の設備として使用できるそうですが、
個人的にはファームウエア書き換えが絶対に不可能な改造をし、
実機確認させてくれない限り、違反品とするべきだと思います。

現に、これ(BAOFENG製)や類似品(VX3コピー品の販売元が
出している16チャンネル機の同型機)を使った「特小互換16
チャンネル機」など)を使った不法局の摘発例も各総合通信局の
報道資料に有ります。

27-54~27-58は明らかにFRS/GMRSです。

« まもなく パーソナル無縁廃止日。でも例外条件あります。 | トップページ | 短波帯でのJT系等狭帯域デジタルに注意 »

アマチュア無線」カテゴリの記事