« 平成27年9月豪雨 念のため非常通信に備えて | トップページ | FM補完放送 試験電波開始 »

2015年9月28日 (月)

用語解説シリーズ 73回目 「ドローンとアマチュア無線」

昨日、一昨日は、ビックサイトで開催された

「第55回模型ホビーショウ」で、

(一財)日本ラジコン電波安全協会 に、
東京都電波適正利用推進員協議会が協力する形で
ラジコン機器の適正利用を周知啓発していました。

出席者は推進員は私を入れて3人。
日本ラジコン電波安全協会からは、ご自身も推進員をされている方が
協会職員として出席です。

最近話題の「ドローン」ですが、一部機種に「画像送信機」を搭載して
いるものが有ります。(要は「カメラ搭載」の機種です。)

そして、その中には、5.8GHz帯のアマチュアバンドを使用している
製品も在り、それに該当する製品の中には

「本製品のカメラ画像を無線伝送するにはアマチュア無線の免許が
必要です。また、撮影目的もアマチュア無線の範囲に限ります」
と注意喚起している製品があります。

このドローン搭載カメラがアマチュアバンドを使っている場合は、
30年前は第二級アマチュア無線技士以上でないとダメでしたが、
今は第四級アマチュア無線技士でもOKです。

他の周波数帯、2.4GHz帯を使うカメラの場合も、機種によっては
アマチュア無線の免許が必要です。
(2.4GHz帯にアマチュア無線の周波数帯が有りますので)

もし、アマチュア局の免許も必要なのに、免許を受けずに使っていたり、
免許を受けていても無資格者が操縦したりした場合は、
電波法第4条違反や電波法第39条の13違反になったり、
アマチュア業務の範囲を逸脱する目的で撮影した場合は
電波法第52条違反等に問われる場合が有ります。

これに関しては、摘発を受けて告発された前例があります。


と、解説はここまでにして、

「ドローンカメラにアマチュア無線免許が必要だから、免許を取った」
という形でアマチュア無線仲間になる方が増えるのは大歓迎です。

最初は、ドローンカメラだけでも良いでしょうけど、
「それだけじゃ無い、いろいろな楽しみ方がある」のがアマチュア無線
ですから、徐々にで良いので、他の楽しみ方にも挑戦していただけれ
ばと思います。

(一財)日本ラジコン電波安全協会 ホームページ
http://www.rck.or.jp/contents/index.html

« 平成27年9月豪雨 念のため非常通信に備えて | トップページ | FM補完放送 試験電波開始 »

アマチュア無線」カテゴリの記事