« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月25日 (木)

用語解説シリーズ 72回目 「申請による周波数の変更」

総務省は、株式会社Inter FM(インターエフエム)[代表取締役社長:
西尾 武信(にしお たけのぶ)]から変更申請のあった超短波放送局
に対して、本日付けで変更を許可しました。(6月24日)

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/0624ho.html


現在は76.1MHzですが、11月1日以降は89.7MHzになります。
10月31日までは76.1MHzを併用するそうです。

受信困難地域が出てきた関係で、アンテナ高を高くすると、
76.4MHzのFM栃木の受信に悪影響が出てくることが判明したので、
電波法第19条等により周波数の変更申請が出ていたものが許可された
のです。

FM栃木は、「県域放送を行う超短波放送局」ですが、現実問題として都内
なら23区内なら十分受信できます。

ここに Inter FM(インターエフエム)がアンテナ高かさ上げなどで
その電界強度が上がると、感度抑圧や混信になってしまいます。

300kHzしか離れていませんから、FMラジオの機種によっては感度抑圧が
起きる可能性が高まります。

このため周波数変更を申請していたそうです。


それにしてもFM放送帯の下端からほぼ上端とはすごい変更幅です。

なお90MHz以上は、90~96MHzは既存AM放送局の受信困難対策の
ための補完放送用に使うことになっているそうです。

2015年6月21日 (日)

JARL 第4回 総会 雑感

JARL総会 雑感

JARL総会から1週間。 概要をレポートします。

1 まえがき

開場時刻の12:30に会場着すると、入り口付近で、社員か否かを聞いてくる者有り。
ここで社員だと答えると、参考資料を渡されたようだ。

一部の社員が行った理事候補者に対する質問の回答書で、今年は第2号議案で
石本氏を繰り上げ当選とし、理事に就任させるか否かを問うものになっているので、
その関連文書だと後日判明。

昨年の総会では審議対象になった全理事監事候補者の回答書だったとのこと。

ここで配布していた方に提案。
社員なら、総会招集状を持っており、私のような傍聴人は傍聴券を持っている。
当日は社員限定配布なら、社員の招集状を確認するべきではないかと思う。

また、当日の議長の議案審議中のコメントを踏まえれば、会場前で配布していた
文書は、公職選挙法の観点で言えば、選挙の自由妨害や、選挙運動期間の
制限違反に問われる要素が出てきますから、その善し悪しは専門家の意見を
伺いたいところです。

2 以下 時系列。

12:55 出席社員が全員揃った模様。

13:00 開会宣言
議長:JH1LWP、副議長:JA1STY、
書記:内山事務局職員、
議事録署名人:7L1FFN、JL3JRY、JA4KI

14:12 第1号議案 可決。

14:14 第2号議案関連 場内限定資料配付、説明開始

14:30 第2号議案 否決。 賛/反/保=13/ 90? / 8
     (反対票数は計数せず)

14:30〜14:40 限定資料回収、休憩

14:40〜16:40 報告事項

16:43 閉会宣言

3 主要な質疑要望:

第1号議案関連(報告事項でなされたものもあり)

(1) JARLが訴えられた裁判費用(対TSS)

(2) JARLを訴えた方に、JARLが支出した関連費用を賠償させろ

(3) JARLに損害を与えた者を除名しても良いのでは。

(4) 茅野市の土地売却見込み 2450万円で売り出しているが買い手が付かない。

(5) いつまで赤字財政のつもりか

(6) 費用計上で複数項目に同じ費目があるのはなぜか。

(7)  アンテナ工事会社(FTI)と軋轢がある理事は誰か。
   (hamlife.jpなどでは理事名は匿されていますが、場内では名指し
  されていますが、ここでは諸般の事情から匿します。)

(8)  ヤマト運輸でのQSLカード発送取りやめの経緯
   (ヤマト運輸にクレームを入れた方の人数等)

(9)  JARL90周年アワードの英文案内が無い。

(10) ライフメンバー会費納入者数

(11) モールス符号のユネスコ無形文化遺産登録への取り組み、
   和文モールスを追加できないか。

(12) 子供の科学誌との連携

(13) 旧スプリアス基準機の今後の扱い

(14) 今年度に90周年パーティをする理由

第2号議案:
事前質問書に掲載したものが一部削除されている。なぜか。
(著作権上の問題等から削除した由)

改名理由は何か。

4: 第2号議案関連で、一部の社員の事前質問書から削除されたものが
   ある点に関して。
   当日の議長のコメントや事務局の回答を補足したものです。

(1) 一部の社員には下記の連名で「はがき」が届いた。

JA3UWB,JL3BZZ,JH3KCW,JR3QHQ,JF3NIM,JA3NDM

JA3KF,JA3DBD,JA3HBF,JA3OIN,JA3WDL,JE3DBS,JG3DOR,JG3QZN,JL3JRY

JA3QOS,JH3CCT

(2) 「はがき」の概略は、

  ① 第2号議案で理事就任を審議する石本氏のブログ、ホームページを
    各自で閲覧せよ。

  ② その上で理事として相応しいか考えよ。

であり、

  1.文責者が誰なのか不明である。

  2.第2号議案に賛成もしくは反対の何を要求しているかが不明確である。

  3.賛否どちらにしても理由が明記されていない。

という問題点がある。

さらに、事務局が削除した事前質問書のとある部分に関しては、削除された文書の
差出人によれば「石本氏のホームページやブログ等からの引用」ということですが、
以下の問題点があります。
(一部 玉眞専務理事や議長が言及した部分と重複します)

(私自身が運営するブログ、ホームページの引用に関して転載許可を求めてきた
ところがあった経験からです)

  1. 第2号議案に関して、石本氏のブログ、ホームページを引用しての
     資料作成には、インターネット上に公開されているものとはいえ、
     石本氏の転載許可は必須であるが、当該削除箇所が有る事前質問書の
     提出者は上記の「はがき」の連名者であることを踏まえれば、
     石本氏から転載許可を取っているとは思えない。

  2. 事前質問書の各社員記述部分は各社員に文責があり、資料作成時に
     引用転載等を行った場合の法律上の権利関係、許諾関係に問題が
     無いことに関して全責任を負う。

 

  3. 社員が提出した事前質問書は、他の社員および理事に配布される前提
     なので、、他の社員および理事に配布されることは許諾していると見なさ
     れる。また、JARL正員には、懇意にする社員から提示を受ける権利が有る。
     (JARLが社員、理事以外に開示を禁止した場合を除く。また禁止した場合
     でも、どこまで遵守されるかの問題が在る。)

  4. もし、各社員が提出した事前質問書に、法的に問題になりうる部分が在る
     場合は、「その部分を事務局判断で削除」は仕方が無い。
     石本氏に無断で記載(転載)したと思われる部分は削除されて当然である。

  5. 一部社員の事前質問書を見ると、人権にうるさい弁護士や人権擁護
     委員ならばイエローカードもしくはレッドカードを出すと考えられる記述
     が有る。
     石本氏の改名理由を問う箇所はその一例だが、
     改名の事実に関しては、石本氏から
     「家庭裁判所の改名申立受理謄本添付による改名届が有った」
     以外の回答( 具体的には「申し立て理由を問う」等)は審議内容に
           関係が無いのは明白である。


  6  審議中に、公式資料以外に独自資料を配付しようとして議長に
     制止されたのは「はがき」にコールサインを連ねる某氏である。
     制止された理由は、公職選挙において同様のことを行えば
     「選挙の自由妨害」で逮捕される行為だからである。

という経緯からのものだと思われます。

第1号議案、第2号議案での議長 JH1LWP 島田氏とは JARL東京都支部長と
支部役員として永年の交流が有ることから、私が把握している範囲での島田氏の
考えかたを踏まえ、当日は議長であることから、島田氏が発言を控えたであろう
部分を代弁いたします。

玉眞専務理事、日野丘前専務理事とも支部役員として接点がありますが、
(特に日野丘さんとは、関東地方事務局長であった時代からの交流が有ります)
おそらく上記の考えがあるのでしょう。

以上 無断引用禁止。
詳細は各位が懇意にしている社員にお尋ねください。

不法局摘発 報道資料 6件

北海道:1名を摘発
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2015/0618k.html

東北:2名を摘発
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tohoku/hodo/h270618a1001.html

信越:1名を摘発
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/150618.html

東海:2名を摘発
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/27/0618-2.html

上記4件は6月18日に実施されたものです。


北海道:1名を摘発
http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2015/0619k.html

近畿:1名を摘発
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kinki/01sotsu07_01000683.html

この2件は19日に実施されたものです。

2015年6月11日 (木)

不法局摘発3件

不法無線局の開設者を告発(平成27年6月10日実施)
≪栃木県宇都宮中央警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫.
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/0611k1.html

不法無線局の路上取締りを実施(平成27年6月11日実施分)
(岐阜県多治見)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/kohosiryo/27/0611-2.html

厚木市 局免切れアマチュア局
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/0611uk.html

2015年6月 9日 (火)

総務省チャネル 不法電波から暮らしを守れ!

不法電波から暮らしを守れ!~電波利用にはルールがあります~

最新版:

正規版 約25分
https://www.youtube.com/watch?v=QqgCzsrc5YE

ダイジェスト版 約5分
https://www.youtube.com/watch?v=56nC5Zaph5A

2015年6月 5日 (金)

江東区で電波検問。6名を告発

総務省関東総合通信局は、平成27年6月3日、東京都江東区の国道357号線において、
警視庁生活安全部保安課、警視庁管内の5警察署(愛宕警察署、万世橋警察署、
三田警察署、碑文谷警察署、牛込警察署)及び警視庁地域部2警ら隊(第一自動車
警ら隊・遊撃特別警ら隊)と共同で不法無線局の取締りを実施し、下記の6名を
電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。 

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/0604k1.html

6名のうち、無線従事者免許(おそらくは第四級アマチュア無線技士)を受けて
いながら無線局の免許が無い者が3名とは、講習会での取得だろうか、独学だろうか。
情けない話しである。
講習会の場合は、JARD,QCQ企画、NPOラジオ少年のどれでの
四アマ免許(三アマの可能性も有るにはあるが)取得だろうか。
そして、罰則関連の講義をどこまできちんとやったのかが気になる。
もっとも捕まった本人の責任が重大である。

それにしても、一度に6名の告発は、最近例が無い。
監視官にあっぱれです。

2015年6月 1日 (月)

飲食店(キャバクラ)の客引きによる不法運用摘発

6月1日付け関東総合通信局 報道資料
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/0601k1.html

総務省関東総合通信局は、平成27年5月30日、東京都港区新橋の繁華街
において、警視庁生活安全部保安課、愛宕警察署、大森警察署と共同で
客引き等が開設した不法無線局の取締りを実施し、下記の4名を電波法
第4条の違反で愛宕警察署に告発しました。


それを報じた日テレニュースを報じるYahoo!
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150601-00000023-nnn-soci

珍しくテレビ放映、テレビ報道です。
日テレ 報道番組編成者に拍手です。

この飲食店、たぶん 新橋駅烏森口から歩いて直ぐのところでしょう。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »