« 飲食店(キャバクラ)の客引きによる不法運用摘発 | トップページ | 総務省チャネル 不法電波から暮らしを守れ! »

2015年6月 5日 (金)

江東区で電波検問。6名を告発

総務省関東総合通信局は、平成27年6月3日、東京都江東区の国道357号線において、
警視庁生活安全部保安課、警視庁管内の5警察署(愛宕警察署、万世橋警察署、
三田警察署、碑文谷警察署、牛込警察署)及び警視庁地域部2警ら隊(第一自動車
警ら隊・遊撃特別警ら隊)と共同で不法無線局の取締りを実施し、下記の6名を
電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発しました。 

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/0604k1.html

6名のうち、無線従事者免許(おそらくは第四級アマチュア無線技士)を受けて
いながら無線局の免許が無い者が3名とは、講習会での取得だろうか、独学だろうか。
情けない話しである。
講習会の場合は、JARD,QCQ企画、NPOラジオ少年のどれでの
四アマ免許(三アマの可能性も有るにはあるが)取得だろうか。
そして、罰則関連の講義をどこまできちんとやったのかが気になる。
もっとも捕まった本人の責任が重大である。

それにしても、一度に6名の告発は、最近例が無い。
監視官にあっぱれです。

« 飲食店(キャバクラ)の客引きによる不法運用摘発 | トップページ | 総務省チャネル 不法電波から暮らしを守れ! »

アマチュア無線」カテゴリの記事