« ドローンの操縦プロポの使用に無線従事者免許必須検討 | トップページ | 飲食店(キャバクラ)の客引きによる不法運用摘発 »

2015年5月20日 (水)

ドローン搭載カメラが電波法令違反品で書類送検 その後不起訴処分

関東総合通信局の報道資料
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/press/27/0520k1.html

総務省関東総合通信局は、神奈川県大磯警察署と共同で、
空撮業務の実施のために、空中撮影用の小型無人機(マルチコプター)
に取り付けたカメラの画像を上空から地上に無線で伝送するための
不法無線局を開設した下記の空撮会社及び1名(同社社長)を
電波法第4条の違反容疑で摘発しました。

小型無人機で使用された不法無線局の摘発は全国で初めての
事案となります。

参考情報:
hamlife.jpの報道
http://www.hamlife.jp/2015/05/20/huhou-musenkyoku-torishimari-221/

<全国で初! “ドローン”使用による電波法違反>関東総通、
小型無人機の搭載カメラ伝送用に不法無線局を開局した空撮会社と同社社長を摘発

弁護士ドットコムの関連記事
http://www.bengo4.com/other/1146/1288/n_3166/

>>警察の取り調べに対して、社長は「ほかの会社もドローンで空撮していた
>>ので、混信するリスクを避けるため一時的に使った」と話しているという。


第9回 湘南国際マラソン 公式ページ「事務局からのお知らせ」
http://www.shonan-kokusai.jp/9th/information/index.html

大磯警察署の発表によりますと、空撮用マルチコプター(小型無人飛行機
「ドローン」)を使って空撮した際、総務省に無許可の周波数で動画の送受
信をしたとして、空撮専門会社「㈱フライトエディット」(東京都武蔵村山市)
と同社社長(51)を電波法違反(不法電波局開設)の疑いで書類送検しました。



以下  不起訴関連報道追記
平成27年6月26日付け 不起訴処分を報じる毎日新聞
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20150626ddlk14040096000c.html

小型無人機「ドローン」を使い、大磯町などで昨年11月に開かれた
「第9回湘南国際マラソン」を空撮した際、無免許では使用できない周波数で
動画を送受信したとして電波法違反(不法開設)容疑で書類送検された
東京都武蔵村山市の空撮会社と同社社長(51)について、
横浜地検小田原支部は25日、不起訴処分にしたと発表した。
処分は23日付で、理由は明らかにしていない。

同産経新聞
http://www.sankei.com/affairs/news/150626/afr1506260009-n1.html

横浜地検小田原支部は、小型無人機「ドローン」に無免許では使用できない
周波数帯の電波の送信機を付けたとして、電波法違反(不法開設)の疑いで
書類送検された空撮会社「フライトエディット」(東京都武蔵村山市)と
男性役員(51)を不起訴処分にした。23日付。
処分理由を明らかにしていない。
ドローンを無線局の不法開設場所とした摘発は全国で初めてだった。

参考情報
山口県空撮コミュニティサイト
http://y-air.info/info/archives/11

この事件は、ドローンの人身事故として、日本のドローンの歴史に記録
されてしまいましたね。商業ドローン利用者(プロの撮影技術者)が、
2014年11月3日の第9回湘南国際マラソンで、ランナーが走っている近くを
飛行させ、ドローンが墜落し、運営スタッフの女性に当たり大けがをさせた
商業中型ドローンの人身事故です。飛行させた業者は、無線も違法でした。
今回それで検挙されていたのですが不起訴で幕引きとなりました。

フライトエディット ホームページ
http://www.flightedit.com/

#####
不起訴処分の場合は「嫌疑無し」「嫌疑不十分」「起訴猶予」の3種類がある
そうです。今回はどれに該当するのかや理由は明らかにされていません。

アディーレ法律事務所の解説
http://www.adire-bengo.jp/basics/kiso.html

コトバンクの解説
https://kotobank.jp/word/%E4%B8%8D%E8%B5%B7%E8%A8%B4-616923

« ドローンの操縦プロポの使用に無線従事者免許必須検討 | トップページ | 飲食店(キャバクラ)の客引きによる不法運用摘発 »

アマチュア無線」カテゴリの記事