« 第二級アマチュア無線技士 養成課程 e-learning実施パブコメ | トップページ | 報道発表から »

2014年6月27日 (金)

無線従事者養成課程講習会

第三級アマチュア無線技士、第四級アマチュア無線技士などの
一部の無線従事者免許は、国家試験合格以外に
無線従事者養成課程講習会を受講し、
修了試験に合格することで免許を受けることができます。

各資格に掛かる無線従事者養成課程講習会の講師は、
無線従事者規則第21条第八号で定める別表第七号の資格が
必須ですが、第三級アマチュア無線技士、第四級アマチュア
無線技士の講習会の講師の場合は、さらに

電波関係審査基準

によって

「その資格で一年以上のアマチュア局(個人局)の開設歴が
あること、現に有効なアマチュア局(個人局)の無線局免許
を受けていること」

という規定があります。

つまり、二アマ以下で開局して、一アマに合格して
一アマの免許証が届いたら即講師になれるかというと、
そうではなく、変更申請等でその資格の無線従事者
免許証番号を無線局事項書に記載して
変更申請(届)を提出し、受理されてから一年以上の
経験が必須です。

もちろん、開局していない場合はできません。

各特殊無線技士でも同じような規定があるそうで、

「ペーパーライセンスのみで現場を知らない」

場合に講師になるのはかなり困難です。

何らかの手段で

「現場経験者と同等以上の能力がある」

と証明しないとなりません。

「電通大などの大学や各種専門学校の講師、教授等で、
無線工学系の授業や電波法令系の授業で 相応の授業経験が
有る」は代替え例です。

これは 国家試験において、問題作成、採点を行う者の要件や
特に電気通信術の採点は実務経験を必須としている規定が
関連条文に・告示あることから、電波関係審査基準を読まなくても
想像出来ると思います。


一昨日公表された

「第二級アマチュア無線技士の無線従事者養成課程講習会を
e-learningで実施することの可否」を問うパブコメの結果ですが、

この背景としては

(1) 授業時間が長くなると、受講生はすべての講義に出席するのが
  困難な場合があります。

  講習会の授業時間は、平成26年6月現在の規定では

  四アマ標準は 法規6時間以上、 無線工学4時間以上
  三アマ標準は、法規10時間以上、無線工学6時間以上

  ですから、二アマの場合は 法規も無線工学も三アマの二倍と
  見れば 法規 20時間以上、無線工学12時間以上となります。

  そうすると、四アマ標準で最短2日、三アマ標準で最短3日。
  二アマ標準だと8日間を要します。

  30年くらい前の四アマ標準(当時は電話級標準)では
  無線工学も法規も20時間ずつ有りましたから、
  1日に4時間ずつの授業とした場合は10日間、
  6時間ずつの場合は7日間を必要とします。

 
 
(2) 講師、予備講師、管理責任者も担当講習会、担当科目の
  すべてに出席しなければならないので、受講生同様に
  困難な場合が有ります。
  特に本業が有る方の場合は、本業との日程調整は必須ですし、
  家事との調整も必要です。


上記を踏まえた意見がどれだけ有ったのか、興味があります。

e-learning方式の場合は、現在想定されている方法は

(A) 暦日1日から末日の単位で同一月内に受講開始、終了を
  必須とする。

(B) 受講終了の翌月または翌々月までに、講習会実施者が
  指定する修了試験会場で修了試験を受験する。
  このときは、CISCO CCNA等の試験実施業者並の手段で
  本人確認を行う。

(C) 受講生と講師、講習会実施者はメールで質疑応答、各種連絡
  を行う。
  私情を挟めないように受講生と講師の個人情報は相互に秘す。

(D) 講師は受講生からの質問を受け取ったら、即日または翌日に
  返信する。

(E) 管理責任者は受講生の受講進捗を把握する。
このため、単元ごとの小テストをクリアするなど、進捗管理機能を備えることになっている。

進捗が遅い受講生には連絡を取って、遅れている理由を聞き、必要ならフォローする。

質問に対する質疑応答が有る場合は内容を確認の上で回答は受講生に、質問は講師に送信する。

というような形になっています。

実際には、三,四アマは現在の規定で e-learning方式は可能に
なっていますが、まだどの講習会実施者もe-learning方式では
実施していません。

« 第二級アマチュア無線技士 養成課程 e-learning実施パブコメ | トップページ | 報道発表から »

アマチュア無線」カテゴリの記事