« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

中国総通局チャンネル

総務省中国総合通信局(局長:齊藤一雅)は、
一般の方にも興味を持って見ていただける分かり易い情報発信をめざし、
YouTubeのマイチャンネル機能を活用し、
中国総合通信局独自の動画配信チャンネルである
『中国総通局チャンネル』を開局しました(2013年8月7日開局)。  

https://www.youtube.com/user/CbtChNews

###

関東等でもやって欲しいと思います。
中国総合通信局の職員による手作りだそうです。

2014年5月22日 (木)

JARL東京都支部 監査指導委員 若干名募集

JARL東京都支部では 監査指導委員を若干名募集します。

都内在住で、現にJARL正員であり、局免も有効であることは
必須条件です。
平日日中にガイダンス局を運用できる方 (第三級陸上特殊
無線技士以上の有資格者)が望ましいですが、
ガイダンス局の運用ができない方でも熱意があれば
応募をお待ちします。

下記の内容を jh1lwp@jarl.com (島田 東京都支部長)まで
送って ください。
個人情報は監査指導委員を委嘱するか否かの選考と関連の
諸連絡 にのみ使用します。
なお 三陸特以上の資格の無線従事者免許番号は、
委嘱が決まった 際には当該免許証コピーを送っていただく際に
お願いいたします。

(1) 郵便番号、住所、氏名、生年月日、年齢

(2) 職業

(3) 呼出符号

(4) 無線従事者資格
  アマチュア局を操作できる資格のうち最上位のものひとつ。      
  ガイダンス局運用を希望する場合は第三級陸上特殊無線技士
  以上の操作ができる資格が必要なので、その資格も記載して
  ください。

(5) 無線設備の常置(設置)場所

(6) アマチュア局の経歴
  初開局時期、取得アワード、コンテスト入賞歴等を簡略に

(7)  アマチュア局概要   
  ① 使用している無線機  オールモード機がのぞましいので。   
  ② アンテナの型式     交信可能範囲が極力広いこと。   
  ③一ヶ月あたりの平均運用時間

(8) モニタ可能時間
   運用時間中、モニタに割り当てられる時間

(9)  応募に当たっての抱負
  長くても一太郎やワードの標準書式でA4で1ページ程度に。

####
我と思う方はぜひ。
締切は5月31日必着にて。
任期は定期社員総会が開催される6月15日の翌日(16日)から
2年後の定期社員総会開催日までです。

2014年5月17日 (土)

情報通信月間行事 多摩六都 5月24,25日の御案内

西東京市の多摩六都科学館で、来週 5月34日、25日に
微弱電波体験コーナー、特定小電力無線機体験コーナーを
開設します。

https://www.tamarokuto.or.jp/event/index.html?c=event&info=409&day=2014-05-24

多摩六都科学館の入場料は各自でご負担ください。

講師陣は JARL東京都支部役員名簿でコールサインと
名前を公表されている監査指導委員のうち、
電波適正利用推進員の委嘱を受けている方の中から
数名が応対します。

2014年5月10日 (土)

用語解説シリーズ 64回目 「呼出符号と呼出名称」

最近のアマチュア局の無線局免許状には
「識別信号」という蘭に呼出符号が記載されています。

かつての無線局免許申請書等の最下部にハンコが押されて
帰ってきた頃のものやコンピュータ印字化した直後のものは
「呼出符号」となっています。

これは、まずは 国際電気通信連合憲章と同付属無線通信規則で
「識別信号」という表記に変わったことが起因です。

識別信号には 呼出符号と呼出名称があり、無線局の種別ごとに
必要なほうのみ、あるいは両方を指定します。

アマチュア局の場合は呼出符号のみです。

放送局の場合は両方です。

たとえば

JOAK:NHK東京第1放送の呼出符号
えぬえちけいとうきょうだいいちほうそう:NHK東京第1放送の呼出名称

のようになっています。

余談ですが
JOAK-FM:NHK東京FM
JOAK-DTV:NHK東京総合テレビジョン(デジタル)
JOAK-TV:NHK東京総合テレビジョン(アナログ)
となっています。

日本のアマチュア局は、2文字目までで日本の局だと解り、
3文字目でおおよその地域が判ります。
4文字目以降は通常は最大で3文字ですが、

期間限定の記念局の場合は最大5文字まで国際的に
認められています。

最後は文字であることを要求されているので、苦肉の策として
「O(オー)」を「φ(ゼロ。 「オー」と混同しないために慣例でφを使う )」の代わりに使う場合が有ります。

8N1FUSSA などはこの特例によるものです。
8J2OOO は Oをφみ見立てて 西暦二〇〇〇年の記念局でした。

2014年5月 5日 (月)

【8J1RL「こどもの日」の特別運用の概要】

本日は 8J1RL 南極昭和基地による「こどもの日特別運用」が実施されます。

•運用日時:2014年5月5日(祝・月)18:00~19:00(JST)予定
•運用周波数:21.230MHz付近
•電波型式:SSB
•優先して交信をおこなう局:
1.JARLが開設する社団局において運用する小学生、中学生、高校生
2.日本国内の小学生、中学生、高校生が開設する個人局
3.日本国内の小学生、中学生、高校生が運用する社団局(注1)
4.日本国内の空中線電力が10W以下の個人局(注2)
5.日本国内のYL局(注2)

(注1)社団局については学校等の中に設置されているもので
なくてもかまいません(たとえば、地域クラブ局の構成員となって
いるのであれば、その社団局のコールサインでもかまいません)。

(注2)上記 1~3の局からの呼び出しがなくなった場合に優先して交信します。

•8J1RLの「こどもの日」の特別運用は、日本国内の小学生、中学生、
高校生等が子供の日にアマチュア無線による南極昭和基地との交信を通じて、
無線通信の素晴らしさを体験してもらうと共に、南極の自然科学に興味を持って
もらうことを主な目的としています。

•小学生、中学生、高校生等とは、学校教育法第一条に規定する学校に
入学している方だけを指しているのではなく、次世代を担う青少年という意味で
使用しているものです。 したがって、南極とぜひ交信してみたいおおむね満18才
以下の人であれば交信を拒否するものではありません。

•SSB以外の電波型式へのリクエストには応じられません。
•当日の電波伝搬等の状況により交信できない場合もありますので、
あらかじめご了承願います。

•QSLカードは、原則JARL経由のみとします(2015年4月以降、第55次隊が
帰国後の発行となります)

参考
http://cq8j1rl.exblog.jp/20609181/

http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2014/2014_news-4.htm#0421

例年ですと、私は JA1RLで実施する

「JA1RLを来訪した小中学生(有資格者)が8J1RLと交信するイベント」

を支援する「JARL東京都支部役員」の一人ですので、
交信開始前に、当日の支援スタッフの誰かがアナウンスする関係も在り、
注意事項は全文コピペ、改行位置のみ修正させていただきました。

今年は JA1RLの特別運用は有りません
(JH1LWP 鹿田支部長から、実施連絡を受けていませんし、
JA1AVQ 山名監査指導委員長や
東京都支部の青少年担当役員からも実施連絡を受けていません。)

今年はJA1RLの設置場所変更申請の完了、JARLの担当者変更などの
諸条件と、JARLの資料室の収容人員の関係で、参加者の制限をして
JA1RLからの交信を実施したそうです。

2014年5月 4日 (日)

用語解説シリーズ 第63回 「無線従事者への罰則、無線局免許人への罰則」

電波法またはこれに基づく命令に違反した場合は罰則があります。

罰則には3種類の対象が有ります。

無線局免許人への罰則(電波法第七十六条または電波法第百十条など)

無縁従事者への罰則(電波法第七十九条または電波法第百十三条第十六号など)

無線局免許人でも無線従事者でもない者への罰則

です。

1 罰則に関する条文は「無線局免許人に対して」なのか、
  「無線従事者に対して」なのかが明記されています。
  条文によってはどちらでもない者の場合も有ります。
 
 

2 通常の場合は、無線局は「免許人」と「その無線局に従事する無線従事者」は別人
  ですが、アマチュア局の場合は、個人局の場合は「免許人と無線従事者は同一人物」です。
  社団のアマチュア局の場合は「免許人=社団の会長(無線従事者)」ですし、
  その社団局に従事する者(構成員)も無線従事者です。

2 オーバーパワーなど、無線局の免許の指定事項違反をした場合は、
  無線局免許人として電波法第76条により処罰されます。
  3ヶ月以内の運用制限(停止や周波数等の制限)か取り消しです。
  あるいは電波法第110条による処罰です。(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)
  電波法第108条など他の条文が適用になる場合も有ります。

3 実際に違反行為を行った無線従事者も処罰されます。
  このときの適用条文が電波法113条第16号などです。
  または電波法第79条による取り消しか3ヶ月以の停止です。

4 無線局の免許を受けていない場合は原則として電波法110条第1号が適用されます。

5 アマチュア局の免許人が何らかの電波法令違反をした場合は  
  無線従事者としての処罰(法79条 または法113条第16号など)と 
  無線局免許人としての処罰(法76条または法110条第5号など)の両方の処分を
  受けることになります。
  情状、違反内容により片方だけの処罰になる場合も有ります。

6 アマチュア局の場合は「外国の相当資格で告示された者」の場合は
  日本の同等資格の無線従事者免許を受けていると見なして、
  その資格による操作を停止される可能性があります。

7 いわゆる「ゲストオペ」で、ゲストが資格外運用をした場合は
  ホストには無線従事者としての監督責任違反(ホストはゲストが資格外運用や
  ホスト局の免許内容逸脱をしないことを監督しなければならない)として
  処罰されることになります。
  違反したゲストは無線従事者として処罰されます。
  違反内容によってはホストは無線局免許人としても処罰されます。

8 ARISS スクールコンタクトでは、国際宇宙ステーションに設置した
  アマチュア局(NA1SS または RS0ISS)を呼び出すときおよび
  交信終了時の挨拶は無線従事者が行わなければなりませんが、
  質問と応答の送受信時のマイクロフォンのプレストークスイッチ
  の操作は無資格者でも許されています。  (総務省告示第702号)

  この場合は第二級アマチュア無線技士以上の有資格者の監督
  (いわゆるコントロールオペ)が必須ですが、
  もし、無資格の児童生徒が何らかの電波法令違反を犯した場合は、
  コントロールオペは監督責任を怠ったことに対応する
  罰則を受けることになりますし、違反した本人にも処罰があります。

9 電波法第113条では、各号に「**をした者」とありますが、
  各号ごとに参照するべき条文を見れば、「無線局免許人」「無線従事者」
  「無線局免許を受けていない者」「無線従事者免許が無い者」の  どれを
  指しているのかが判ります。他の罰則規定条文も同様です。


参考 関東総通の報道発表例:
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/01sotsu03_01000512.html
無線従事者としての処分 42日間 (移動運用違反 移動する局の免許無し)

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/01sotsu03_01000489.html
無線従事者として42日間の従事停止、局免停止も42日間 (許可の無い変更)

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/01sotsu03_01000513.html
無線従事者として42日間の従事停止、局免停止も42日間 (許可の無い変更)

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/01sotsu03_01000383.html
無線従事者としての処分 42日間 (移動運用違反 移動する局の免許無し)


無線従事者:電波法第二条第六号

無線局:電波法第二条第五号

2014年5月 3日 (土)

用語解説シリーズ 62回目 超短波帯(VHF)の電波伝搬(直接波)

超短波帯(VHF)、極超短波帯(UHF)帯は、一般的に直接波による
通信を行います。

東京周辺で言えば、テレビ放送が東京タワーから送信されていた
頃は、送信アンテナは高さ300mくらいのところに有りました。

サンシャイン60の場合は、屋上で約250mの高さがあります。

ということは東京タワーがサンシャイン60に隠れてしまう地域では
東京タワーから直接電波が届きません。
同じことは新宿の高層ビル群や都庁にも言えます。

これらの高層ビルの影になるところでは、どこかで反射(高層ビル、
橋、山など)した電波が届いていれば
まったくテレビが映らない訳ではないのですが、アナログテレビの場合は
画像が二重三重になる「ゴースト」が発生しやすくなります。

そこで「もっと高いところから送信しよう」
と考えて建てられたのがスカイツリーです。 高さ634mあります。
スカイツリーでは地デジのテレビは、おおよそ地上600mくらいから送信しています。

そう 東京タワーの2倍の高さですから、理論上、高層ビルの影に
なる地域は東京タワーの半分です。

そして、東急タワーは芝公園、スカイツリーは押上に在りますから、
受信側から見て、同じ方向に両方とも無い場合は、テレビアンテナを向け直す必要が有ります。

地デジ用テレビアンテナの原理は3エレメント八木宇田アンテナです。

八木宇田アンテナが指向性を持つ理由(理論式)は、プロの第二級陸上無線技術士の出題範囲になるので
ここでは簡単に説明します。

真ん中の放射器(ラジエーター)に無線機や受信機からのケーブルを接続します。
放射器は単なる半波長ダイポールアンテナです。

少し離したところ(理論上はλ/4)に、放射器より少し短い導波器(ディレクタ)、
導波器の反対側に、同じように放射器より少し長い反射器(リフレクタ)を置きます。

どれだけ離すか、どれだけ長くまたは短くするかは市販の八木宇田アンテナは各アンテナメーカーが工夫しています。
導波器を多くすればするほど指向席が鋭くなります。

そうすると、導波器の方向に強く電波を放射したり、導波器の方向からの
電波を強く受信するようになります。

(講習会では、黒板(ホワイトボード)に、三エレメント八木宇田アンテナの図と、指向性、
ビル影になると電波が理論上届かない図を書いています)

(指向性の解説では、私の家での例(実際はACOM練馬)を挙げて、
東京タワーは南東、スカイツリーは北東方向で方向が違うから
向け直ししたことを例示します)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »