« 用語解説シリーズ 第63回 「無線従事者への罰則、無線局免許人への罰則」 | トップページ | 用語解説シリーズ 64回目 「呼出符号と呼出名称」 »

2014年5月 5日 (月)

【8J1RL「こどもの日」の特別運用の概要】

本日は 8J1RL 南極昭和基地による「こどもの日特別運用」が実施されます。

•運用日時:2014年5月5日(祝・月)18:00~19:00(JST)予定
•運用周波数:21.230MHz付近
•電波型式:SSB
•優先して交信をおこなう局:
1.JARLが開設する社団局において運用する小学生、中学生、高校生
2.日本国内の小学生、中学生、高校生が開設する個人局
3.日本国内の小学生、中学生、高校生が運用する社団局(注1)
4.日本国内の空中線電力が10W以下の個人局(注2)
5.日本国内のYL局(注2)

(注1)社団局については学校等の中に設置されているもので
なくてもかまいません(たとえば、地域クラブ局の構成員となって
いるのであれば、その社団局のコールサインでもかまいません)。

(注2)上記 1~3の局からの呼び出しがなくなった場合に優先して交信します。

•8J1RLの「こどもの日」の特別運用は、日本国内の小学生、中学生、
高校生等が子供の日にアマチュア無線による南極昭和基地との交信を通じて、
無線通信の素晴らしさを体験してもらうと共に、南極の自然科学に興味を持って
もらうことを主な目的としています。

•小学生、中学生、高校生等とは、学校教育法第一条に規定する学校に
入学している方だけを指しているのではなく、次世代を担う青少年という意味で
使用しているものです。 したがって、南極とぜひ交信してみたいおおむね満18才
以下の人であれば交信を拒否するものではありません。

•SSB以外の電波型式へのリクエストには応じられません。
•当日の電波伝搬等の状況により交信できない場合もありますので、
あらかじめご了承願います。

•QSLカードは、原則JARL経由のみとします(2015年4月以降、第55次隊が
帰国後の発行となります)

参考
http://cq8j1rl.exblog.jp/20609181/

http://www.jarl.org/Japanese/2_Joho/News2014/2014_news-4.htm#0421

例年ですと、私は JA1RLで実施する

「JA1RLを来訪した小中学生(有資格者)が8J1RLと交信するイベント」

を支援する「JARL東京都支部役員」の一人ですので、
交信開始前に、当日の支援スタッフの誰かがアナウンスする関係も在り、
注意事項は全文コピペ、改行位置のみ修正させていただきました。

今年は JA1RLの特別運用は有りません
(JH1LWP 鹿田支部長から、実施連絡を受けていませんし、
JA1AVQ 山名監査指導委員長や
東京都支部の青少年担当役員からも実施連絡を受けていません。)

今年はJA1RLの設置場所変更申請の完了、JARLの担当者変更などの
諸条件と、JARLの資料室の収容人員の関係で、参加者の制限をして
JA1RLからの交信を実施したそうです。

« 用語解説シリーズ 第63回 「無線従事者への罰則、無線局免許人への罰則」 | トップページ | 用語解説シリーズ 64回目 「呼出符号と呼出名称」 »

アマチュア無線」カテゴリの記事