« 平成26年度 JARL社員、理事候補者選挙結果 | トップページ | JARL選挙結果総括 »

2014年4月20日 (日)

自動車同士の衝突防止システム

今日実施された情報処理技術者試験の「ES」を受験しました。

午後Ⅱの問1は、自動車同士や主に信号機や交差点付近に設けた
路上局、停止線センサなどを用いた衝突防止システムに関する
問題でした。

GPS機能付きカーナビを使って自車位置を取得し、
5.4GHz帯で自動車間、路上局と自動車とは700MHz帯を使って
自車位置を教え合ったりして衝突を回避するものです。

参考

車車間通信を利用した安全運転支援システムの開発
http://www.mazda.com/jp/technology/gihou/pdf/2008_No023.pdf

車両出会い頭衝突防止警報装置の開発
http://www.jana.or.jp/denko/data/23_1_1.pdf

2-1 車々間通信を利用した運転支援システム
http://www.ieice.or.jp/jpn/books/kaishikiji/2012/201208.pdf

これが実現され、搭載された車にアマチュア無線機を積む際は
かなりな注意が必要ですね。

現にミリ波レーダーを使った衝突防止システムを搭載してる車も
存在します。

D-STARやC4FMなどGPS機能付きアマチュア無線機器と
カーナビのGPS機能との干渉例の報告もあります。

試験結果は・・・
たぶん午前Ⅰか午後1で不合格でしょう。

ある意味で最先端過ぎる技術の問題でした。

« 平成26年度 JARL社員、理事候補者選挙結果 | トップページ | JARL選挙結果総括 »

アマチュア無線」カテゴリの記事