« JARL 社員・理事候補者選挙 投票締切1週間前 | トップページ | JARL 平成26年度 社員・理事候補者選挙投票 まもなく締切 »

2014年4月13日 (日)

用語解説シリーズ 61回目 「800MHz」

最近、AUがテレビCMで使っていますね。
言わずと知れた、携帯電話が使っている周波数帯のことです。
ソフトバンクもドコモも800MHz帯の割り当てを受けています。

日本の現在の携帯電話割り当てられている周波数帯の中で、
使い勝手が良い周波数帯は800MHz帯なので、割り当てを
受けたがる移動体通信事業者は多いのですが、
これについては

2012年8月14日 (火) 

用語シリーズ 第九回目 「プラチナバンド」
http://jo1euj-tom.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-9c2b.html

で書きました。

おそらくはAUもプラチナバンドという表現を使いたかったのですが、
ソフトバンクが先に使い出したため、
周波数帯をズバリ言ってきたのでしょう。

それを踏まえれば、「800MHzってテレビCMで言ってるのは何?」という質問には

電波に関する知識が無い方には
「携帯電話が使っている電波のチャンネルのこと」で良いとして、
何らかの無線従事者免許を持つ方(外国の類似資格含む)や、
学校で関連科目を学んだ方等には

『「当社も800MHz帯を割り当てられていますよ」というCMです』

で良いと思います。

電波に関する知識が無い方には「周波数」を説明するよりは
単純に「チャンネル」と言うべきだと思います。

« JARL 社員・理事候補者選挙 投票締切1週間前 | トップページ | JARL 平成26年度 社員・理事候補者選挙投票 まもなく締切 »

アマチュア無線」カテゴリの記事